神奈川R&Dネットワーク構想

掲載日:2015年4月1日

神奈川R&Dネットワーク構想とは

世界トップレベルの大企業、技術力のある中小企業、理工系大学、公的試験研究機関の立地・集積を生かし、神奈川の産学公技術連携を促進することで、高付加価値型産業の創出を目指します。現在、県と23機関が「神奈川R&D推進協議会」を組織し、神奈川R&Dネットワーク構想を推進しています。

神奈川R&D推進協議会メンバー
旭硝子株式会社味の素株式会社アズビル株式会社
株式会社アルバックキヤノン株式会社株式会社資生堂
昭和シェル石油株式会社ソニー株式会社武田薬品工業式会社
東京応化工業株式会社東京ガス株式会社東京電力株式会社
株式会社東芝日産自動車株式会社日本ゼオン株式会社
株式会社日立製作所富士ゼロックス株式会社

株式会社富士通研究所

富士フイルム株式会社横河電機株式会社株式会社リコー
国立大学法人横浜国立大学公益財団法人神奈川科学技術アカデミー神奈川県

※「神奈川R&D推進協議会」には、「インベスト神奈川」によって県内に立地した企業をはじめとする大企業、大学等が参加しています。

主な取組

こちら(神奈川県産業技術センターHP)をご覧ください。

これまでの取組

本協議会の発足から5年間(平成17年度から平成21年度まで)の取組は、「神奈川R&D推進協議会5年間の歩み」をご参照下さい。

関連HPへのリンク

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。