平成29年度製菓衛生師試験のお知らせ

掲載日:2017年5月30日

願書受付

期日平成29年7月18日(火曜日)及び7月19日(水曜日)
時間午前9時30分から正午まで及び午後1時から4時まで
場所

日本大通7ビル5階 第3共用会議室   案内図 [PDFファイル/52KB]
(横浜市中区日本大通7)

試験

期日平成29年8月30日(水曜日)
時間

集合 : 午前9時30分 (試験の説明開始)
試験 : 午前10時から正午まで

場所

麻布大学     案内図 [PDFファイル/52KB]
 (神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71)

受験に必要なもの

受験願書提出時に交付した受験票及び筆記用具をご持参ください。

(受験票を紛失された方は、試験会場で再交付しますので、身分を証明する書類をご持参ください。)

合格者の発表

期日

 平成29年9月28日(木曜日)及び9月29日(金曜日)

時間

 午前9時から午後5時15分まで

場所   

 神奈川県庁新庁舎 2階 県政情報センター掲示板    (案内図 [PDFファイル/52KB]
 (横浜市中区日本大通1)

1  受験者全員に合否に関する通知書を平成29年9月28日(木曜日)に発送し、合格者の受験番号を掲示板及びホームページで公開します。
 なお、試験会場周辺において、有料で合格電報等の受付を行っている場合がありますが、本県とは一切関係がありません。

2  神奈川県個人情報保護条例に基づき、希望者には試験の科目別得点及び総合得点を平成29年9月28日(木曜日)から10月27日(金曜日)の期間(閉庁日を除く午前9時から午後5時)に、ご本人に開示します。
 受験票を持参のうえ、県庁新庁舎2階県政情報センターにおいでください。

  • 試験結果について、電話・ハガキ・メール等による問い合わせは受け付けません。

受験資格

次のいずれかに該当する者が、受験資格を有する。 

1 都道府県知事の指定を受けた製菓衛生師養成施設1年以上製菓衛生師として必要な知識及び技能を修得した者

2 中学校若しくはこれに準ずる学校を卒業した者又は中学校卒業者と同等以上の学力があると厚生労働大臣が認めた者であって2年以上菓子製造業に従事した者

3 製菓衛生師法の施行された昭和41年12月26日現在、菓子製造業に従事していて、菓子製造業に従事した期間が3年を超える者

【注意事項】

  • 菓子製造業に従事した者とは、食品衛生法で規定する「菓子製造業」の許可を取得している営業施設に従事した者をいいます。(「飲食店営業」の許可のみを取得している施設で、菓子を製造していた場合は認めません。)
  • アルバイト、パート等で従事している場合は、菓子製造業に従事した者とは認めません。
    ただし、1日6時間以上かつ週4日以上勤務している場合は認めます。(※平均や週当たりの合計時間数ではなく、両方の条件を満たす必要があります。)
  • もっぱら菓子製造品の運搬、配達、食器洗浄等に従事し、実際に菓子を製造する過程に従事していない場合は、菓子製造業に従事した者とは認めません。

願書受付に必要な書類

 1 製菓衛生師試験受験願書

 2 写真1枚 

(出願前3か月以内に撮影した正面向き、脱帽、上半身像、縦5.5cm、横4.5cmのもの)

 3 受験資格を証明する書類 

(受験資格によって、それぞれ次の書類が必要になります。)

 

受験資格受験資格を証明する書類

 都道府県知事の指定を受けた製菓衛生師養成施設1年以上製菓衛生師として必要な知識及び技能を修得した者

(1) 製菓衛生師養成施設の

   ・ 課程修了証明書

   ・ 卒業証明書

   ・ 卒業証書の原本及び写し

 上記3点のうちいずれか

 中学校若しくはこれに準ずる学校を卒業した者又は中学校卒業者と同等以上の学力があると厚生労働大臣が認めた者であって2年以上菓子製造業に従事した者

(1) 中学校以降の

   ・ 卒業(修了)証明書

   ・ 卒業(修了)証書の原本及び写し

上記2点のうちいずれか

及び

(2) 製菓衛生師試験受験資格職歴書(受験願書の裏面)

 製菓衛生師法の施行された昭和41年12月26日現在、菓子製造業に従事していて、菓子製造業に従事した期間が3年を超える者

(1) 製菓衛生師試験受験資格職歴書(受験願書の裏面)

  • 卒業証明書等の氏名が現在と異なる場合は、発行から6か月以内の戸籍謄本(全部事項証明書)又は戸籍抄本(個人事項証明書)が必要です。
  • 受験資格職歴書の証明者が、所属する会社名と役職名が印影から確認できない登記印を使用する場合や、個人の実印で証明する場合は、印鑑登録証明書を添付してください。
  • 職業能力開発促進法に規定する菓子製造技能士一級又は二級のいずれかの技能検定の合格者は、試験科目のうち製菓理論及び実技の科目を免除できますので、上記の書類の他に菓子製造技能士一級又は二級の技能検定合格証書を持参のうえ申し出てください。なお、受験願書提出後の申し出は受付できませんので御注意ください。  

 

【注意事項】

・ 上記の書類が不備の場合は、受付できませんので御注意ください。

・ 受験資格の内容により必要な書類が一部異なりますので御注意ください。

・ 証明にいつわりがあると判明したときは、受験又は合格を取り消します。

試験手数料   9,430円

  神奈川県収入証紙で受験願書提出時に納入してください。
  神奈川県収入証紙は、当日の書類審査後に、願書受付場所で販売します。
  納入された手数料は、お返しできません。

受験願書用紙の配布

   県の保健福祉事務所(各センターを含む)、横浜市の福祉保健センター、川崎市の保健福祉センター、相模原市、横須賀市、藤沢市及び茅ヶ崎市の保健所並びに神奈川県保健福祉局生活衛生部生活衛生課で6月1日(木曜日)から7月19日(水曜日)まで配布します。

試験科目

衛生法規法制大意、衛生行政概説、製菓衛生師法概説、関係法規大意
公衆衛生学公衆衛生学の概要、環境衛生、疾病の予防、労働衛生
食品学食品学の概要、食品の変質とその防止、食品の生産と消費
食品衛生学食品衛生学の概要、食中毒、食品添加物、食品汚染有害物質、衛生管理
栄養学栄養学の概要、栄養の働き、栄養生理、栄養摂取
製菓理論及び実技製菓理論、製菓実技(和菓子、洋菓子、製パン)

※ 「製菓理論及び実技」の製菓実技については、和菓子、洋菓子、製パン分野から1分野を選択して解答します。
※ すべて筆記試験により実施します。
※ 菓子製造技能士一級又は二級の方(菓子製造技能検定の合格者)は、受験願書提出時に試験科目の免除を申し出ることにより、試験科目のうち「製菓理論及び実技」の免除をうけることができます。

合否基準

 全科目の合計得点が満点の6割以上であるものを合格とし、1科目でも得点が当該科目の平均点を著しく下回る場合は、不合格とします。

その他

1 試験当日は、受験票及び筆記用具を必ず持参してください。
2 筆記用具は、解答記入用として、B又はHBの鉛筆(シャープペンシルでも可)とプラスチック消しゴムを必ず持参してください。
3 受験願書受付場所及び試験場所付近には駐車場がありませんので、車での来場は御遠慮ください。   
4 その他、試験について不明な点は、下記にお問い合わせください。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 生活衛生部 生活衛生課 です。