みうら・宮川フィッシャリーナ

掲載日:2016年6月30日

写真:係留風景

概要

みうら・宮川フィッシャリーナは2001年10月1日にオープンしたプレジャーボート(ヨットやモーターボート)が停係泊できる施設です。近隣に停泊する漁船と分離・集約するために整備されました。

宮川湾のすばらしい景観にマッチした浮き桟橋(ポンツーン)形式のフィッシャリーナとなっております。

※「フィッシャリーナ」とは、フィッシュ(魚)とアリーナ(劇場)とを組み合わせた造語です。漁港漁村という舞台の中で、豊かな自然環境を背景として、魚を中心に人々が集まるところをイメージして作られた言葉です。

施設名みうら・宮川フィッシャリーナ
所在地〒238-0221 神奈川県三浦市三崎町六合地先
(海から見た施設の位置⇒風力発電塔(風車2基)の下あたり)
指定管理者みうら漁業協同組合(平成28年4月1日から平成33年3月31日まで)
連絡先
  • 管理棟
  • 電話 046-882-2237
  • ファクシミリ 046-881-2361
艇の置き方水置き(陸置無し)
施設の概要
  • 浮桟橋:主桟橋幅1.5m、補助桟橋長さ5.5m、補助桟橋幅0.6m
  • 管理棟(シャワールーム・トイレ・更衣室・休憩室)
  • 有料駐車場(1日1回につき)

  普通、小型及び軽自動車は、平日500円、土日祝日1000円 

  二輪及び原付自動車は、平日150円、土日祝日300円

その他施設内の係留桟橋には、給電、給水、給油、艇の修理施設はありませんが、宮川漁港内の別の岸壁で給水(有料)、給油することは可能です。
施設の開場日、
利用時間
(管理棟含む)
  • 開場日 通年
  • 利用時間 午前9時から午後5時まで

      ただし、7月1日から8月31日までは、午前9時から午後6時まで

目次に戻る

ゲストバース

位置B桟橋の南側の西側端から5隻分(No.25, 26, 27, 28, 29)
利用できる数5隻
利用できる艇艇全長8.5m、艇全幅2.8m以下の動力付き艇
利用できる時間管理棟の利用時間内
入出港航路施設の周辺には、航行自粛区域等があります。航路図を参考にしてください。
係留料金

1回2,570円(利用時間内)

※利用前に必ず管理棟(046-882-2237)に電話してください。

利用のルール
  • 港口では出港優先です
  • 管理棟は乗船者のみが利用できます
  • 港は汚さず、ゴミは持ち帰ってください

目次に戻る

年間係留

係留隻数91隻
年間保管料
  • 324,000円(艇長6.5m超8.5m以下)
  • 270,000円(艇長6.5m以下)

目次に戻る

交通案内

京浜急行電鉄「三浦海岸駅」下車、京急バス「剣崎経由三崎東岡行き」(乗車約35分)「宮川町」下車、徒歩10分

時刻表は京浜急行バス株式会社のウェブページで調べることができます。(本数が少ないので注意してください。)

周辺情報

近くに飲食店は1件ありますが、物販施設はありません。

この付近は関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)として設定されており、非常に風光明媚な場所です。

※関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)について(環境省神奈川県

目次に戻る

写真

上空から

写真:宮川湾空撮

停泊の様子

写真:停泊の様子

管理棟の外観

写真:管理棟外観

管理棟の周辺

写真:関東ふれあいの道

目次に戻る

神奈川県

このページの所管所属は 東部漁港事務所 です。