お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)

掲載日:2011年1月19日

心の変化

息子の心の変化…反抗期

 

思春期には身体の急激な変化と共に、心にも急激な変化が起こります。この時期の苦悩は、自分の急激な変化についていけず、自分自身がコントロールできないことではないでしょうか。それまで何の違和感もなかった自分自身のことや友達のことが異常に気になることもあります。でもこれは、思春期の成長にとって必要な一過程です。他人とは違う「自分」の確立のためになくてはならないものなのです。親にとっても気になる時ですが、ありのままの姿を認め、見守ってあげましょう。(臨床心理士回答)

前のページへもどる

魚


息子の心の変化…外見を気にするようになります

 

思春期になると、自分自身に関心が向くようになります。特に他人からどのように見えるかをとても気にするようになります。自分のからだつきや声が急に変化し「男くさく」なっていくことに一番戸惑うのは本人なのです。男の子たちは服装や髪形、体臭や顔の脂に気を遣うようになります。「男の子のくせに」という大人の言い分は今は通用しません。まして「むさくるしくなって」などと言うのは、本人がとても傷つくことがあるのでやめましょう。(臨床心理士回答)

前のページへもどる

魚


息子の心の変化…Hな本

 

思春期は二次性徴が現れ、性ホルモンの分泌が活発になる時期です。この時期の男子に性的欲求が高まるのはこの性ホルモンの分泌によるものです。異性に興味を持つ、性行為に関心を持つ…これらはすべてごく普通の思春期の男子に起こる変化です。息子の部屋にHな本があったとしても、何もおかしなことではありません。息子に今まではなかった性的な関心の気配を感じたとしても、茶化したりせず、そっと見守ってあげましょう。(臨床心理士回答)

前のページへもどる

魚


からだの変化

マスターベーションについて

 

マスターベーション(自慰行為・オナニー)とは、性交ではなく、自分の手や器具などを用いて自分の性器を刺激し、性的快感を得る行為をいいます。特に思春期の男女は性ホルモンの分泌が活発であり、また性的欲求も高いため、頻度が多いといわれています。男性は夢精の予防も兼ねて、マスターベーションできる就寝前あるいは入浴時等に行うのが一般的といわれています。マスターベーションは男女問わず自然に行われるものであり、無理に止める必要はありません。(泌尿器科医師回答)

前のページへもどる

魚


精通の時期は。母としての対応は

 

精通とは、男子が性的に成熟していく過程で、生まれて初めて射精を経験することです。多くの場合、夢精またはマスターベーションにより経験します。男子では第二次性徴に伴い、精液が生産されるようになり、それが蓄積の限界を超えると睡眠中に夢精という形で体外へ放出されます。男子は母親にはなかなか恥ずかしくていえないようです、優しく見守ってあげましょう。(泌尿器科女性医師回答)

前のページへもどる

魚


第二次性徴について教えてください

 

第二次性徴が始まる時期は、おおむね男性は12~14歳頃、女性は10~14歳頃からが多く、急速に発育する子、緩やかに発育する子それぞれで時期や順序、見た目などには個人差があります。男性の場合は、陰嚢の増大と赤みが出てくる時から、女性は乳房が発達し始める時から第二次性徴に入ります。第二次性徴は大人になるため誰にでも起こることです、周りは正しい知識を伝え、その変化を受け入れられるようにサポートしてあげましょう。(泌尿器科女性医師回答)

前のページへもどる

魚


第二次性徴(表)

 

前のページへもどる

魚


包茎

 

包茎とは、平常時、亀頭が常時全露出しておらず、包皮がかぶっている状態です。ペニスの先端部分を亀頭といい、亀頭を覆う皮を包皮といいます。生まれてきた子どもは大半が包茎ですが、小学校高学年以降、第二次性徴期にペニスが成長することに伴って皮もめくれてきます。世界の成人男性の多く(80%以上)はこの仮性包茎の状態であるとされており、勃起や性交や射精はできる場合が多いので、必ずしも包茎手術は必要ありません。(泌尿器科女性医師回答)

前のページへもどる

魚


異性

彼女ができたら<父親の役割>

 

今の子ども達はメディアやうわさ話を通じて、たくさんの情報を耳にしています。そしてその多くが思春期の男の子の欲望、性行動に駆り立てるものであって、焦りを感じている男の子達は少なくないはずです。こんな時こそ父親の出番です。先輩として、自分の失敗や経験から学んだことも話してあげるといいかもしれません。

つれない返事が返ってくるかもしれませんが、めげずに話してみてください。(臨床心理士回答)

前のページへもどる

魚


彼女ができたら<母親から息子>

 

親として子どもにセックスをしてほしくないのなら、「してほしくない」と言えばいいと思います。その上で「でもどうしてもしたいのなら、最低限このことには気をつけなさい」と話をした方が、子どもには親の意図がきちんと伝わると思います。セックス時の注意として性感染症の予防と避妊のためのコンドームは必ず使うように教えてください。しかし避妊については、コンドームが絶対ではないことも教えておかなければなりません。(臨床心理士回答)

前のページへもどる

魚

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 健康増進課 です。