表丹沢:平成26年6月12日 寺山富士見橋-二ノ塔 の巡視情報

掲載日:2014年6月17日

平成26年6月12日の巡視情報

確認日: 平成26年6月12日(木曜日)
コース: 寺山富士見橋-二ノ塔
天気: 雨のち曇り

 

登山道注意点情報

  • 踏固められた登山道では、雨水は浸み込まずにそのまま川のように登山道を流れ、土砂を削り取っていきます。そのため登山道上には、所々に雨水を外に排出する水切工が設置されています。雨上がりの後、水切工の働きを目にすることが出来ました。機能してるいものもあれば、土砂が溜まり溢れた雨水がそのまま登山道に流れているものもありました。こまめに手入れをしていかなければなりません。(写真1、2、3)
 

とざんどうをながれるあまみず

 (写真1) 登山道を流れる雨水

あまみずをはいすいするみずきりかこう

 (写真2) 雨水を排水する水切工

どしゃがたまったみずきりかこう

(写真3) 土砂が溜まった水切工

〈自然情報〉

  • ニシキウツギやヤマツツジは見ごろを過ぎていましたが、ヤマボウシやエゴノキが見ごろを迎えていました。(写真4)
  • ついこの前までたくさんの花を咲かせていたマメザクラは、いつのまにか実を付けていました。(写真5)
 

やまぼうし

(写真4) ヤマボウシ

まめざくら

(写真5) マメザクラ

  • 昨日から降り続いた雨のせいか、一人の登山者にも会う事はありませんでした。その代わりにいろいろな森の生き物達に会うことが出来ました。
    先ずは、ミミズを食べるヤツワクガビル。自分と同じくらいの大きさのミミズを、麺類をすするようにあっと言う間に飲み込んでしまいます。(写真6)
  • 他にも、二ノ塔山頂付近を舞うヒオドシチョウ達や、湿った登山道を横切るアズマヒキガエルにも会えました。(写真7、8)

    やつくわがびる

    (写真6) ヤツワクガビル

    ひおどしちょう

    (写真7) ヒオドシチョウ

    あずまひきがえる

    (写真8)アズマヒキガエル


    神奈川県

    このページの所管所属は 自然環境保全センター です。