表丹沢:平成26年2月6日 大倉-二俣-鍋割山-金冷シ-塔ノ岳-大倉 の巡視情報

掲載日:2014年2月9日

平成26年2月6日の情報

確認日: 平成26年2月6日(木曜日)
コース:  大倉-二俣-鍋割山-金冷シ-塔ノ岳-大倉
天気:     晴れ
気温:   午前8時に大倉で2度
                 午後1時に鍋割山山頂でマイナス2度
            午後3時に塔ノ岳山頂でマイナス4度

登山道注意点

  • 二俣までの林道では、沢沿いになるにつれ、積雪・凍結がありました。(写真1、2)
  • 二俣の登山口は沢から登山道に流れ出た水が凍結し、非常に滑りやすいため、注意してください。(写真3)
しゃしん1ふたまたまでのりんどう
(写真1)二俣までの林道
しゃしん2さわぞい
(写真2)沢沿いでは積雪や凍結
しゃしん3とざんどうのとうけつ
(写真3)沢から流れ出た水が凍結
  • 鍋割山山頂の気温はマイナス2度でした。(写真4)
    じっとしていると手先、足先の感覚がなくなってしまいます。
  • 鍋割山から塔ノ岳までの登山道上の積雪が踏み固められています。そのため、下りでは滑りやすくなっていますので、注意してください。(写真5)
  • 塔ノ岳山頂は吹雪いていて、視界が悪かった。(写真6)
  • 気温はマイナス4度。持って行ったペットボトルの水が凍るほどの寒さでした。(写真7)
    手袋やネックウォーマー、耳あてなどの防寒具は必須です。
しゃしん4なべわりやまさんちょう
(写真4)鍋割山山頂の様子
しゃしん5なべわりりょうせん
(写真5)鍋割稜線の様子
しゃしん6とうのたけさんちょう
(写真6)塔ノ岳山頂の様子
しゃしん7じさんしたみずがこおる
(写真7)持参した水も凍る寒さです
  • 大倉尾根の花立より下では、日陰では凍結、日向ではぬかるみが連続して続いていました。(写真8)
  • 圧雪により凍結している箇所は滑りやすいので、注意してください。(写真9)。
 
しゃしん8とうけつとぬかるみ
(写真8)ぬかるみ、凍結が連続する
しゃしん9とうけつ
(写真9)圧雪による凍結箇所

自然情報

  • 二俣の沢沿いには、氷の芸術がありました。(写真10)
  • 鍋割山から塔ノ岳までの鍋割山稜では、綺麗な霧氷を見ることが出来ました。(写真11、12)
しゃしん10こおりのげいじゅつ
(写真10)氷の芸術
しゃしん11むひょう
(写真11)霧氷
しゃしん12むひょう
(写真12)霧氷
  • 凍えながら春を待つアセビのつぼみ。(写真13)
  • 冬の厳しい寒さの中でも野生動物は、逞しく生きています。(写真14)
しゃしん13あせびのつぼみ
(写真13)アセビのつぼみ
しゃしん14ゆきのなかのしか
(写真14)雪の中出会ったシカ

 


神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。