大気汚染防止法(特定粉じん排出等作業)に関する手続き

掲載日:2016年4月15日

提供情報

工事イメージ

特定建築材料を含む建築物及び工作物を解体、改造、又は補修する作業(特定粉じん排出等作業)を実施する場合は、あらかじめ届出が必要となります。詳しくは次の内容をご覧ください。 


 規制の概要 

石綿の飛散防止対策

※上記指導指針は、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市及び藤沢市を除く県内市町村における除去工事が対象です。(6市の地域において除去工事を行う場合は、各市の担当部署へ直接お問い合わせください。)

参考資料

大気汚染防止法等の一部改正について

平成26年6月1日から改正大気汚染防止法が施行され、建築物や工作物の解体工事などに伴うアスベスト飛散防止対策が強化されました。

主な改正点

  • 届出義務者が工事の「施工者」から「発注者」へ変更
  • 解体等工事の事前調査、調査結果の発注者への説明及び掲示板の設置が新たに義務付け
  • 都道府県知事の立入検査等の対象の拡大

詳しくは、次のパンフレット、ホームページなどをご覧ください。

このページの先頭へもどる


届出対象

特定建築材料

吹付け石綿、並びに石綿を含有する断熱材保温材及び耐火被覆材

(石綿が質量の0.1%を超えて含まれているもの)

作業内容

特定建築材料が使用されている建築物及び工作物を解体、改造、又は補修する作業

注意

  • 石綿の含有率は、平成18年9月以降「1%超」から「0.1%超」に規制強化されたため、平成18年8月31日以前に分析を行い、「石綿なし」と判断されている場合は、注意が必要です。 事前調査に当たっては、調査漏れが無いか改めて確認をお願いします。
  • 横浜市、川崎市においては、独自の条例により別途届出が必要となる場合がありますので、詳しくは各市の担当部署へ直接お問い合わせください。

特定建築材料の具体例

特定建築材料の種類建築材料の具体例
吹付け石綿吹付け石綿
石綿含有吹付けロックウール(乾式・湿式)
石綿含有ひる石吹付け材
石綿含有パーライト吹付け材
石綿を含有する断熱材
(吹付け石綿を除く。)
屋根用折版裏断熱材
煙突用断熱材
石綿を含有する保温材
(吹付け石綿を除く。)
石綿保温材
石綿含有けいそう土保温材
石綿含有パーライト保温材
石綿含有けい酸カルシウム保温材
石綿含有ひる石保温材
石綿含有水練り保温材
石綿を含有する耐火被覆材
(吹付け石綿を除く。)
石綿含有耐火被覆板
石綿含有けい酸カルシウム板第二種
石綿含有耐火被覆塗り材

詳しくは、次のページをご覧ください。(別ウインドウで表示します。)

このページの先頭へもどる


届出内容の概要

様式

特定粉じん排出等作業実施届出書(様式第3の4) [Wordファイル/20KB]

提出期限

作業の開始の日の14日前まで

(例:8月21日に作業を開始する場合、8月20日を起算日とし、土日祝日を含めて逆算し14日目に当たる日(8月7日)の前日である8月6日が届出期限となります。)

提出部数正、副2部

大気汚染防止法施行規則の改正に伴い、平成26年6月1日以降は様式が変更されていますので、ご注意ください。

添付書類

届出書に次の1と2の書類を添付して届出先に提出してください。(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市及び藤沢市への届出の場合を除きます。)

1 大気汚染防止法に係るもの

番号添付書類

特定粉じん排出等作業の対象となる建築物等の概要、配置図及び付近の状況

(1)案内図(工事現場がわかる地図)
(2)敷地内配置図(対象建築物をわかるように記入)
(3)対象建築物の概略図面(平面図、立面図等)
(4)石綿の使用状況((3)の図面にわかるように記入)
など

特定工事の工程の概要

(1)工事工程表
(2)施工方法(作業基準を満足する作業方法を記載)
 ・図面、カタログ等を使用して説明してください。
 ・前室、負圧除じん装置及び排気口の位置を、1の(2)及び(3)の図面を使用して明記してください。

特定工事を施工する者の現場責任者の氏名及び連絡場所(届出書に記載)
下請負人が除去の作業を実施する場合の当該下請負人の現場責任者の氏名及び連絡先(届出書に記載)

2 神奈川県アスベスト除去工事に関する指導指針に係るもの

番号添付書類(神奈川県独自様式) [Wordファイル/15KB]
建築物等の事前調査の実施者及び調査結果の概要
(配管等に使用されているアスベスト含有保温材や補修のみの工事など事前調査が不要の場合は添付不要)
アスベスト使用箇所の詳細調査の実施者及び調査結果に応じた隔離養生における対応処置
除去工事の管理体制
除去工事における点検の実施内容、点検結果の記録を備え置く場所
周辺住民等への周知の実施内容
廃石綿等の処理を委託する特別管理産業廃棄物処分業者・収集運搬業者との委託契約書の写し及び当該業者の特別管理産業廃棄物処分業・収集運搬業許可書の写し
(届出時点でそろわない場合は着工前までに提出)

除去工事開始以降の報告

除去工事開始以降及び除去工事終了後には、以下の内容について報告をお願いします。

随時報告

  • 環境調査等の結果概要(調査実施日の翌々日の 工事開始時までに把握のうえ速やかに報告してください。)
  • 周辺住民等への周知の実施状況(周知が終了次第、報告してください。)

除去工事完了後の報告

  • 書類イメージ

    環境調査等の結果概要(完了後14日以内)
  • 工事完了時の点検結果(完了後14日以内)
  • 廃石綿等の処理に係る産業廃棄物管理票(マニュフェスト)の写し(特別管理産業廃棄物処分業者から返送を受けた後、速やかに提出してください。)

このページの先頭へもどる


作業基準

掲示板イメージ

アスベストの飛散防止のために遵守すべき主な作業基準は次のとおりです。
詳しい作業基準については、「届出先・お問い合わせ先」までお問い合わせください。

  • 届出の内容(届出年月日、届出先、届出者・施工者の氏名・住所など)及び作業の内容(実施期間、実施方法、現場責任者の氏名・連絡先)を記した掲示板の設置
  • 養生・湿潤化等の実施(特定建築材料の切断等を伴わない解体作業を含む)
  • 作業場・前室の負圧確保、集じん・排気装置の正常稼動の確認・記録
  • 改造、補修等の作業における特定建築材料処理時には解体時と同等の作業の実施

 このページの先頭へもどる

届出先・お問い合わせ先

音声読み上げソフトをご利用の方へ

このページに掲載している一部のデータはPDF形式で提供しています。ご利用のソフトがPDF形式に対応していない場合は、お手数ですが下記までお問い合わせください。

 このページの先頭へもどる

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 大気水質課 です。