日向橋(愛川町)

掲載日:2011年3月1日

日向橋

これも愛川町の中津川に架けられている道路橋で、平山橋(大正15年建設)に続いて、昭和5年に建設されたトラス橋である。
構造は、曲弦鋼ワーレントラス橋で、橋長62m、幅員5.5mの下路橋。
橋下の余裕が小さい場合、下路式のトラス橋は優れた構造形式である。
60m以上の支間をひとまたぎにして、河川内に橋脚を用いない構造としたことが、 洪水時の水流の邪魔とならず、今日まで橋梁としての役割を長く、果たしてくることができたものと思われる。
この橋の上流に並行して人道橋が架けられている。

このページの先頭へもどる

本ホームページに掲載されている写真及び情報は、選出当時のものであり、現況と異なる場合がありますので、ご了承下さい。なお、掲載情報の内容については県土整備局道路部道路企画課計画グループにお問い合わせください。

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 道路部 道路企画課 です。