会議記録

掲載日:2011年3月1日

様式3

会  議  記  録

 次の審議会を下記のとおり開催した。

 

審議会等名称

神奈川県港湾審議会

 

開催日時

平成17年3月29日火曜日10時から12時まで

 

開催場所

神奈川県庁新庁舎9階  議会第7会議室

 

出席者

※会長等◎

◎近藤 健雄    (日本大学教授)

柴山 知也    (横浜国立大学教授)

土井 りゅうすけ (神奈川県議会建設常任委員会委員長)

赤井 かずのり  (神奈川県議会建設常任委員会副委員長)

青木 健     (真鶴町長)

並木 直美    ((株)並木設計代表取締役)

(藤田 郁夫 国土交通省関東地方整備局港湾空港部長代理)

小野寺 幸夫   (港湾空港部事業計画官)

[オブザーバー]

三澤 龍夫    (大磯町長)

守屋 大光    (葉山町長)

 

次回開催予定日

平成17年9月9日金曜日

 

問い合わせ先

所属名 県土整備部砂防海岸課砂防計画班

 

会議記録

要約

要約した理由

附属機関の会議等に関する指針31(1)に該当するため

内容

[議 題]

議題

(1)   会議の運営について

会長:   議題(1)の「会議の運営について」でございますが、本日の議題を拝見したところ、「報告事項」については、これから湘南港の指定管理者の募集を行うということでございますますので、本日の会議の公開・非公開について、皆様のご意見を賜り、お諮りしたいと思っております。なお、当審議会の会議の公開・非公開の取り扱いについては、事務局より御説明頂きまして、公開、非公開に関する条例等がありましたら説明していただきたいと思っております。よろしくお願いします。

(事務局から「附属機関の会議等の公開に関する指針」等について、資料により説明した。)

会長:   ありがとうございました。ただいま、事務局から説明がありましたように、本日の審議会は、お手元の次第のとおり「諮問事項」が2件、他に「報告事項」として「湘南港の指定管理者の募集について」がございます。

      この内「報告事項」につきましては、ご討議していただく内容が募集や選定作業の前に、募集の方針や選定の基準が外部に出ることは、公平性を欠き、適正な募集や選定を損なわせるおそれもあるということで、委員の皆様のご意見を賜りたいと思います。いかがでしょうか。

並木委員: はい。

会長:   どうぞ並木委員。

並木委員: ただいま、近藤会長のご発言のとおり、報告事項につきましては、特に募集の選定基準が外部に出るということは不公平を生じると思いますし、適正な選定に支障が出ると考えますので、非公開がよろしいと存じます。

会長:   はい。いかがでしょうか。ほかにご意見ございませんでしょうか。

      並木委員のご説のとおり、基本的には公開ということでございますし、県のほうもそういうことになっておりますが、報告事項については、今回は非公開ということで議事を進めてよろしいでしょうか。

一同:   異議なし。

会長:   はい。では、全員一致で、報告事項につきましては非公開ということで賜りたいと思います。事務局はよろしくお願いします。

      また、「報告事項」の「湘南港の指定管理者の募集」についての資料のうち「審査基準」については、今後の募集・選定の内容に関わるもので、情報の管理が大切だと思います。募集要項のように、後日配布が予定されているものも、平等に情報が提供されるよう配慮して頂く必要があると思います。こうした2点について、事務局には情報の管理を徹底して頂くようお願いしておき、本日、各委員に配布した資料は、審議終了後、持ち帰らずに回収するようにいたしたいと思いますので、ご協力を賜りたいと思います。また、当審議会の会議記録につきましては、原則公開とされておりますが、本日の会議の一部は非公開となりましたので、その部分の取り扱いにつきましては、会長一任とさせていただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。

(2) 諮問事項

(1) 大磯港 臨港地区内の分区指定について

(事務局から「大磯港 臨港地区内の分区指定について」、資料により説明した。)

赤井委員: 3ページなのですが、「大磯港分区指定図(案)」の中でオレンジとブルーに色分けされていますところの一番北側、西湘バイパスの下の、この側道部分の西側、ここに建物が4つあるのですが。これは、漁港関係の建物じゃないかと思うのですが、そのへんはどうでしょうか。わかりませんか。町長、ご存知ではないですか。

大磯町長: そうですね。漁協関係者の倉庫のような使われ方ですね。

事務局:  現状は、漁業協同組合の方にお貸ししているという形ですが、もっぱら漁業やその他のものも入っていると理解しております。漁業者の方にお貸ししていますが、漁業専用ではないというかたちです。

赤井委員: そういう意味では、この漁港区と商港区に分けてしまうと、今のお話でも漁業とその他のものが入っているということですが、これが明確に分けられてしまうのですか。それとも、今のままでもかまわないのですか。こうして漁港区と商港区に分けてしまうと、ここには漁港のものしか入れられませんよ、ここには商港のものしか入れられませんよと。明確になってしまった場合は、用途として、明確に決められてしまうと、非常に困るのではないかなと思うのですが、そのへんはどうなのでしょうね。

事務局:  今の建物を漁業者が使えなくなってしまうのではないかということでしょうか。

赤井委員: そうですね。

事務局:  将来にわたっては、ここは商港区として、漁業者の方にはこちらの青色のエリアに入っていただきたいということでございます。

赤井委員: 町長、どうなのでしょうか。そのへんは、地元でも了解済みなのでしょうね。

会長:   町長、どうぞ。

大磯町長: 大磯町といたしましても、手続きにのっとってこういう形で、みなさんにご審議いただきたいとしているところでございますので、そのへんのところも、共通理解、共通認識はいただけていると考えております。

会長:   よろしゅうございますか。

赤井委員: はい。

会長:   それでは、他にはいかがでしょうか。どうぞ。

柴山委員: 平成16年度に耐震化が完成した岸壁と臨港橋梁の位置を説明してください。

事務局:  大きな平面図の左になるのですが、こちらのカラー刷りパンフレットの方が良いかと存じます。10ページをご覧下さい。少し小さいのですが、大磯港平面図と書いてございます。この左の方に臨港橋梁、「ONランプ」、「OFFランプ」と引き出し線で書いてございます。この、西湘バイパスに乗るためのONランプ、西湘バイパスから降りるためのOFFランプの表示がございます、この位置でございます。

柴山委員: 岸壁の方は。

事務局:  同じ平面図でご説明しますと、西岸壁、中央岸壁、東岸壁です。それぞれ延長の方は、左下の主な港湾施設の説明にあります係留施設、それぞれ西岸壁が180m、中央岸壁が85m、東岸壁が80m、それぞれ水深はマイナス5mでございます。この部分でございます。

柴山委員: マイナス5mのところですね。わかりました。

会長:   よろしゅうございますか。はい、では他にご意見はいかがでしょうか。

      では、特別ご意見は無いという事でございますので、諮問事項(1)の「大磯港臨港地区内の分区指定」につきましては諮問書の内容のとおり承認いただいたということで、知事に答申したいと思いますがいかがでしょうか。

一同:   異議なし。

会長:   ありがとうございました。それでは、全員一致ということで、知事に答申いたしたいと存じます。

(2) 真鶴港 臨港地区内の分区指定について

(事務局から「真鶴港 臨港地区内の分区指定について」、資料により説明した。)

赤井委員: 3ページの分区指定の案についてですが、分区指定がないという灰色に塗ってある場所の件なのですが、分区指定がないということですと、臨港地区の中にあるという意味では、今後、例えばホテルを建てるというようなことはできないわけですか。これについて、ちょっとお聞きしたい。今、組合が海産物などの主におみやげ物を販売をするためなどの建物が出来上がっている。そこを、指定をしないということだと、今後、商港区のような、商業とかホテルとかいうような形にはできないのですよね。そういう意味では、分区指定をしておいた方がいいのではないのかなと思うのですが。そのへんは、どうなのでしょう。

事務局:  今、この土地は約1600平方メートルほどございまして、そのほとんどが漁業協同組合の所有でございます。この漁業協同組合につきまして、先ほどの説明にもございましたが、信用事業、いわゆる銀行事業を各組合さん個別で行っていた、それが神奈川県信用漁業協同組合連合会に一括されてしまうということがございました。その関係で、融資をうけて、返済していかないとならない、これが約3年程度ということなのだそうですが、その中で組合の経営状態が悪化する可能性がある。それで、もし悪化した場合にはこの土地を担保にしたいというようなお話で、うちの方に要望書があがってまいりました。

今の先生のご質問につきましては、この分区をかけなければ、現在の用途地域がそのままかかるということになってございます。組合さんのほうには、こういう臨港地区の趣旨はご説明しておりまして、もし、万が一の話ですが、お売りになったとしても、例えば住宅業者さんですとか、そういうところには絶対に売らないで欲しいと、まあ、これは要望でして、強制力はございませんが、この港に関係するような形での利用をお願いしたいということをお話しております。

会長:   青木委員がいらしていますので、そのへんの状況について何か付加することがございましたら、どうぞお願いします。

青木委員: 私が知っている範囲では、ここは組合自体が所有している所で、それを分区指定されてしまうと困りますよと。それだけのことなのですよ。今お話したような内容のことが、当然、裏面にあると思いますけれどね。ですから、将来、自分達が困ったときには売りたいのだと。指定されてしまうと、売れないのだと。それが、率直な意見だと思います。そういう状況に、経営状況も厳しいところにあるということでご理解いただければ。

会長:   そういうことで、分区指定なしの地区を含んでの分区指定ということになります。他にご意見ございますでしょうか。

一同:   異議なし。

会長:   それでは、ご意見は他に特にないということですので、諮問事項(2)の真鶴港の臨港地区内の分区指定につきましては、本件は妥当として知事に答申させていただきます。どうもありがとうございました。なお、(1)、(2)の各答申の文案につきましては、事務局と会長が相談したうえで、最終的には会長に一任ということでご了承していただきたいと考えますが、いかがでしょうか。

一同:   異議なし。

会長:   はい。ありがとうございます。

(3) 報告事項

 (1) 湘南港の指定管理者の募集について

○     事務局から「湘南港の指定管理者の募集について」、資料により説明

した。

○     審査基準について、次の意見があった。

・        最低水準の内容について明確にしておくべきである。

・        指定管理者において、津波、高潮に関する対応も考えてもらえる

ようにすべきである。

○ 審査結果の公表について、次の意見があった。

    ・ 選定に漏れた方から見て、選定されなかった理由が明快になるよう、納得されるよう、説明義務を果たすという意味でも、審査結果の公表には配慮すべきである。

神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 河川下水道部 砂防海岸課 です。