国民健康保険の保険料(税)

掲載日:2013年12月11日

保険料(税)はどのように決めているの?

 国民健康保険料(税)の総額は、保険者(市町村や国民健康保険組合)ごとに計算され、医療費をはじめとする医療給付に必要な額から、被保険者のみなさんが保険医療機関等にお支払になる一部負担金を控除し、そこから国や都道府県等が負担する金額を除いたものになります

 この、国民健康保険料(税)の総額を以下の4つに割り振り、これらを組み合わせることにより、一世帯あたりの保険料(税)が決められています。

 したがって、同じ市町村に住んでいても、その世帯の所得や家族構成によっても保険料(税)は異なりますし、また、同じ神奈川県内でも市町村によって異なっています。

 ・所得割=その世帯の所得に応じて算定

 ・資産割=その世帯の資産に応じて算定

 ・均等割=加入者一人あたりいくら、として算定

 ・平等割=一世帯あたりいくら、として算定

各市町村における賦課状況については、こちらをご覧下さい。「賦課状況一覧」

※詳しくは、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

保険料(税)はどうやって納めるの?  ~ もし滞納してしまったら? ~  

 市町村が決定した額を、市町村の定める納期までに納めます。

 世帯主あて送付される納付書によって納める方法のほか、市町村での手続により口座振替にすることもできます。

 市町村の定める納期までに保険料(税)を納めない場合には、督促があります。

 払うことのできない事情がある場合には、そのままにせずにお住まいの市区町村、国保の窓口まで必ずご相談ください。市区町村の納付相談にも応じないまま一定期間を経過すると、お手元の「被保険者証」は有効期間の短い「短期被保険者証」に切り替わり、それでもなお期間が経過すると、中学生以下のお子様などを除き、「被保険者資格証明書」が発行され、医療機関ではいったん全額負担していただくことになります。

 お早めに、お住まいの市区町村へご相談下さい。

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 医療保険課 です。