神奈川県の肝炎に対する取組

掲載日:2017年7月20日

新着情報

 

はじめに

B型及びC型ウイルス性肝炎は、将来肝硬変や肝がんといった重篤な病態に進行する可能性のある疾患です。

神奈川県では広くウイルス肝炎患者を救済するという観点から肝炎治療医療費の助成・無料肝炎ウイルス検査実施機関の拡大・肝疾患医療センターの設置といった取り組みを平成20年4月から実施しております。

お知らせ

B型慢性肝疾患治療薬「ベムリディ錠」の偽造品が中国で発見されました。現在のところ、日本国内において、ベムリディの偽造品は確認されておらず、また偽造品の服用に起因すると思われる健康被害の報告も受けておりませんが、注意喚起として掲載します。詳細は下記のお知らせをご確認ください(掲載日:平成29年7月20日)

中国国内で確認されたB型慢性肝疾患治療薬「ベムリディ錠」の偽造品について [PDFファイル/286KB]

B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤であるバラクルード錠の後発品であるエンテカビル錠について、平成29年6月16日より助成対象となりました(掲載日:平成29年6月23日)

「セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のいずれにも該当しない」患者様に対するC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善用薬となるソホスビル及びリバビリン併用療法が、平成29年3月24日より助成対象となりました(掲載日:平成29年3月30日)

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善用薬となるジメンシー配合錠と、B型慢性肝炎におけるウイルス増殖抑制用薬のベムリディ錠が、平成29年2月15日より助成対象となりました(掲載日:平成29年2月21日)

C 型肝炎治療薬「ハーボニー®配合錠」の偽造品が発見されました。現在服用中の患者さんは、お薬を確認いただき、不自然な点がある場合は、医療機関や薬局へご相談ください。詳細は下記のお知らせをご確認ください(掲載日:平成29年1月20日)

C 型肝炎治療薬「ハーボニー®配合錠」の偽造品についての重要なお知らせ [PDFファイル/361KB]

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善薬となるグラゾプレビル・エルバスビル併用療法が平成28年11月18日より助成対象となりました(掲載日:平成28年11月18日)

 

肝炎って?

「肝炎」は実は身近な病気なんです。

検査に行こう

一生に一度は検査をしましょう!

肝臓専門医療機関

肝臓専門医療機関の指定要件やリストを掲載しています。

いろいろ知りたい!

講演会等の案内や啓発用リーフレットを掲載しています。

相談したい 

肝疾患患者さんやご家族の方に対する医療相談窓口の案内です。

 

医療機関・薬局の方へ
神奈川県の取組み

 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 がん・疾病対策課 です。