第61回全国植樹祭:森林の手入れのボランティア協力

掲載日:2011年3月31日

県内の森林組合の皆様に、森林の手入れをしていただきました!

 神奈川県森林組合連合会からお申し出をいただき、平成21年10月から平成22年1月にかけて、秦野植樹会場周辺の人工林で間伐などの森林の手入れをしていただきました。

 神奈川県森林組合連合会は、県内の森林組合を正会員とし、森林の調査やコンサルタント、木材素材市場の運営、木材の加工販売、労働安全衛生の指導など、森林・林業に関わる方々のために専門的な知識と技術をもって力を尽くされている団体です。

 今回の森林の手入れに当たっては、神奈川県森林組合連合会の呼びかけに応じ、県内全ての森林組合が、作業を行う方々、使用する資機材や費用を集めてご協力くださいました。

 皆様のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

人工林の手入れ(スギ林)

手入れ前の林

▲ 手入れ前の林は、隣り合う木々の枝葉が混み合い、林内が薄暗くなっていました。

手入れ後の林

▲ 手入れ後の林は、隣り合う木々の枝葉にすき間ができ、林内に光が入り、明るくなりました。

人工林の手入れ(ヒノキ林)

手入れ前の林

▲ 手入れ前の林は、隣り合う木々の枝葉が混み合い、枯枝が突き出ていました。ヒノキの枝は、枯れてもなかなか落ちず、また、枯枝のほうが堅いため、切り落とす作業が大変です。

間伐した枝

▲ 間伐した木や枝は、転がって落ちることのないように整理して置きます。

手入れ後の林

▲ 手入れ後は、隣り合う木々の枝葉にすき間ができ、枯枝もなくなり、明るくきれいになりました。

作業の様子

装備、道具の確認

▲ 作業には、チェーンソーや刈払機を使用します。ヘルメットも欠かせません。

作業内容の確認

▲ 作業前に、それぞれの作業場所や作業内容、段取りなどを確認し合います。木を倒す方向には入らないなど、安全に効率よく作業するよう気を付けます。

作業後の林

▲ 手入れが進み、木漏れ日が射すようになり、林内が明るくなりました。

木材の搬出

木を伐採している

▲ 木を切り倒しています。森の中にいる人は思いのほか見つけにくく、作業のときにはお互いに注意が必要です。

伐採した木を集め、長さを揃えます

▲ 用途に応じた太さのものを集め、長さを切り揃えて搬出します。

トラック、クレーンを使って搬出します

▲ 搬出には、トラックやクレーンが活躍します。

曲がったもの、短いものを搬出します

▲ 曲がったところや短いものも搬出して、チップなどに加工して活用します。

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 緑政部 森林再生課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019