第61回全国植樹祭 :かながわジュニア・フォレスター教室第2回「森で暮らそう」を実施しました

掲載日:2011年3月31日

かながわジュニア・フォレスター教室第2回「森で暮らそう」を実施しました

開催内容

 第2回目の今回は「森で暮らそう」と題し、2泊3日のキャンプのなかで、自然に親しむ様々なプログラムに挑戦しました。

 「かながわジュニア・フォレスター教室」は、全国森林インストラクター神奈川会と協働で開催しています。

開催日:平成21年8月2日(日曜)10時から8月4日(火曜)から15時30分
場所:足柄森林公園丸太の森
参加者:107名(うち保護者7名)
内容:テント暮らし、林業体験、リバートレッキング、昆虫採集など
主催:第61回全国植樹祭神奈川県実行委員会
    全国森林インストラクター神奈川会

フォトレポート

オリエンテーション

県内各地から、たくさんの参加者が集まりました。

かんりんちゃんがお出迎え   リ-ダーからスケジュールとルール説明

▲かなりんちゃんがみんなをお出迎え ▲リーダーから3日間のスケジュールとルールを説明。

南足柄市長から激励

▲南足柄市長も激励に駆けつけてくださいました。

ウォークラリー

時々雨が強く降るなか、道々に設置されたクイズを解きながら、丸太の森のキャンプ場まで歩きました。

丸太の森へ進む様子

キャンプ場到着、夕食 

マッチで火をつける様子

マッチで火をおこすのは初めての子も、インストラクターが見守るなか、火をおこすことができました。

飯ごうでご飯を炊く様子

カレーライスをみんなで美味しくいただきました。

ゲーム大会

 予定していたキャンプファイヤーは、天候不順のためゲーム大会に変更になりました。ゲーム大会のあと、就寝。

ゲームで楽しみました

朝食(8月3日)

カートンドッグを作りました。
パンにウインナーを挟んでホイルにくるみ、空の牛乳パックに入れて燃やします。

朝食の様子

牛乳パックが燃えきったら、あつあつのカートンドッグの完成!

林業体験(必修プログラム)

インストラクターの指導のもと、森の下草刈りに挑戦しました!

作業の説明を受ける参加者  作業をする参加者 

林業体験(選択プログラム)

森に親しむ4つのグループテーマを設定し、グループごとに活動しました。

Aグループ「ムシ虫」

森のなかでさまざまな昆虫と出会いました。
夜は灯火採集。明かりに集まる虫たちの素顔を観察しました。

虫の話、木の話、仕掛けを作る参加者

Bグループ「天地人」

昼間はリバートレッキング。
夜の天体観測では月のクレーターを観察しました。

リバートレッキングの様子  月を観測する参加者

Cグループ「ドウリョー君」

動物について学び、ムササビひこうきを作りました。
夜はムササビウォッチング。かわいい姿や声を聴くことができました。

標本を使って動物の特徴を説明します  ムササビの説明を受ける参加者

Dグループ「くさ花」

ヤマアイの葉で草木染めハンカチ、竹でランタンを作りました。
夜は、自分で作ったランタンに灯りをともして山の上まで行ってみました。

自分で作ったランタンでナイトウオークをしている様子

朝のラジオ体操(8月4日)

最終日の朝、元気にラジオ体操でスタートです。

ラジオ体操の様子

朝食の準備

なべ、やかんを運びます   火の番をしています

▲朝食を作る道具を運びます。      ▲火の番も、もうすっかり慣れたもの。

朝ご飯を食べている様子   おにぎりを握る様子

▲飯ごうで炊いたごはんとお味噌汁で ▲お昼のおにぎりも、作っておきましょう。
 あさごはん。

テント内の様子

▲テント暮らしも今日で最後。
 少しさみしいですね。

グループテーマのまとめ

最終日は、グループ活動で感じたことを話し合い、まとめました。

話会いの様子

 

グループ発表会

参加者の発表の様子

▲グループごとに一生懸命発表してくれました。


記念写真

▲全員で記念撮影。  

閉村式

 昼食のおにぎりを食べたら、キャンプ場をあとにし、南足柄市役所まで歩きました。

閉村式の様子  南足柄市役所へ向かって行きます

みんなよく歩きました。
お疲れさま!

南足柄市役所に到着

保護者との再会

お迎えの保護者の方の顔を見つけホッとした顔、誇らしげに報告する姿などが印象的でした。
自然のなかで、それぞれが少し成長できた3日間だったようです。

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 緑政部 森林再生課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019