第61回全国植樹祭:第6回(2)森のリレーフェスタ

掲載日:2011年3月31日

からドングリ教室からを実施しました!

第6回森のリレーフェスタからドングリ教室からを、の2日間で開催しました。

実施日時:平成21年10月20日(火曜)
     平成21年10月24日(土曜)
参加者:川崎市立古川小学校第1学年児童87人を対象に実施しました。
主催:NPO法人幸まちづくり研究会
   第61回全国植樹祭神奈川県実行委員会
協賛:タカナシ乳業株式会社
   コカ・コーラ セントラルジャパン株式会社
   株式会社不二家

フォトレポート 第1日目:平成21年10月20日(火曜)

実施場所:県立三ツ池公園(横浜市鶴見区)
内容:小学校の生活科の授業「秋を探しに」で、自然観察を行いながらドングリ拾いを行いました。

かなりんちゃんのお出迎え

▲県立三ツ池公園に、1年生のみなさんが到着しました。かなりんちゃんがお迎えします。

インストラクターから森の説明

▲森について教えてくれるインストラクターの方たちです。
 この後、森のリレーフェスタ恒例のリレー引継ぎも行いました。代表のお子さんたちに、かなりんちゃんから「緑のたすき」を手渡しました。

ドングリ先生から説明を受けます

▲葉っぱの素敵な帽子のドングリ先生から、森の秋には、私たち人には作れない「おいしい、きれい」があること、森は「ともだち」と教えてもらいました。

森へ向けて出発します

▲いよいよ、公園内の森に、秋を探しに出かけます。

秋を見つけています

▲どんな秋があるかな?

拾った葉っぱ

▲森から戻ったら、拾った秋を画用紙に貼ります。葉っぱも秋色ですね。

虫を観察している様子

▲土の中の生き物をルーペで観察します。カブトムシの大きな幼虫もいました!

協賛飲料をもらって、お弁当を食べます

▲お弁当の時間です。協賛企業からいただいた飲み物とお菓子も大好評です。

バトンに色を塗ります

▲「森のバトン」に色を塗ってもらいます。たくさんのお友達に塗ってもらって、もうすぐ完成です。

2日目の21日(土曜)は、今日拾ったドングリで苗づくりを行います。

フォトレポート 第2日目:平成21年10月24日(土曜)

実施場所:川崎市立古川小学校(川崎市幸区)
内容:第1日目に拾ったドングリで、苗づくりを行いました。

コースターのプレゼント

▲今日は、かなりんちゃんからコースターをプレゼントします。これは、県立吉田島農林高校のお兄さん、お姉さんたちが、神奈川の間伐材を使って作ってくれたものです。

どんぐり先生のお話

▲今日も素敵な帽子のドングリ先生が、ドングリの成長について教えてくれました。春には根と芽が出て、何十年という長い年月をかけて、大きな木に成長します。

インストラクターからの説明 ポットの中にドングリを入れます

▲授業参観で、たくさんの保護者の方が見守る中、苗づくりスタートです。みんなで土を混ぜたら、ポットに入れてドングリを植えます。
 名札をたてます

▲土の上には、学校で集めた落ち葉のおふとんをかぶせます。みんなの名札も立てました。

カードの配布

▲これからみなさんは「ドングリ育てたい(隊)」の一員です。間伐材で作った「ドングリ育てたい」のカードが、全員に配られました。

場所の移動    看板の取り付け

▲ポット苗は、みなさんがアサガオを育てていた場所に移動しました。看板も取り付けました。

元気に育つように、みなさんで水やりをして、育ててくださいね。

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 緑政部 森林再生課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019