第61回全国植樹祭:第61回全国植樹祭大会テーマソングを制作します

掲載日:2011年3月31日

第61回全国植樹祭大会テーマソングを制作します!

 第61回全国植樹祭を盛り上げ、親しみやすいものとするために、大会テーマソングを制作することになりました!

制作をお願いするのは、藤沢市出身・鎌倉市在住で、かながわ環境大使でもある白井貴子さんです。

 平成21年4月28日(火曜日)、知事より白井さんに委嘱状をお渡ししました。本年10月に実施する予定のカウントダウンセレモニーでのお披露目を目指して、制作していただきます。

 白井貴子さんからのメッセージをご紹介します!

 松沢知事、かなりんちゃん、白井貴子さん   

▲松沢知事より白井貴子さんへ委嘱状をお渡ししました。 

白井貴子さんからのメッセージ

 皆さんお元気ですか?

 この度、2010年全国植樹祭のテーマソングを担当させていただくことになりました!

私は長年、テレビやラジオのお仕事で森の中をエコツアーという感じで旅する中、「薬」になる木があることや「家」になるのが得意な木や、「いい香り」がする木や「木の実」を与えてくれる木など、その多彩なる天才芸?!を沢山の森の達人に教えていただくうち、どんどんと森の力を尊敬するようになりました。

今では「自分の全てはここにある!」と感じるほど!(笑)

何より森は「美味しい空気」と「美味しい水」を作ってくれる!「木」を植えることは「自分の命」を植えること知りました。

街だけにいると、森なんてなくても自分が生きてゆけるように思えます。

でも「森と海と空」もっというなら「地球」が元気でいてくれるから、自分も生きていられるんです!

「地球温暖化」が叫ばれる現在100年ぶりの不況を悲しむより、「これからの新しい100年の地球の幸せ」を願いたい!

そんな新たなる時代のスタートとも言える年に神奈川県で植樹祭が開催されることは、本当に素敵なことです!

その大切な日に向けて、様々な場所で参加させていただくことを大変うれしく思っています!

多くの、特にこれからの時代を担う子供達が、一人でも多く「森の素晴らしさ!」を体感し、そして共に元気な未来を目指してゆけるようなそんな「歌」が生まれたらと思います。

「みんなの命」私達の森の木々達へ皆で一緒に歌える日を楽しみにしています!

沢山の皆さんの植樹祭への参加を心よりお待ちしています!

2009年4月吉日

神奈川県環境大使    白井貴子

木葉

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 緑政部 森林再生課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019