かながわ産品のブランド化

掲載日:2016年4月1日

神奈川県では、県内産農林水産物のブランド化を進めています。県内産農林水産物の付加価値を高め、生産拡大につなげることで、県民の皆さまにより多くの農林水産物を提供することが可能になります。

かなさん ブランド化を進める主な農林水産物

湘南ゴールド

湘南ゴールドは、神奈川県農業技術センターが12年の歳月をかけて開発した柑橘です。味のよい「ゴールデンオレンジ」を大きく、むきやすく改良しました。県西部では、この「湘南ゴールド」の生産が拡大中です。県においても、優良な苗木生産への支援や生産技術の向上により生産拡大を目指しています。

湘南ゴールドの写真

湘南ゴールドを購入するには

3月下旬から4月下旬までのわずかな時期に、下記の場所で購入することができます。

※ 年によっては、販売しない場所もあります。

直売所で販売JAかながわ西湘農産物直売所「朝ドレファ~ミ♪」(外部リンク)
(電話:0465-30-1500)
※ 数に限りがあるため、必ずお問い合わせのうえご来店ください。
※ そのほかの大型直売センターでも、販売することがあります。
インターネットで販売「かなさんの畑」(外部リンク)で、予約限定販売しています。
デパートで販売

3月から4月ごろ、県内百貨店で販売イベントを開催します。詳細は決定し次第「かなさんの畑」(外部リンク)でご紹介します。

このページの先頭へもどる

 津久井在来大豆

津久井在来大豆は、主に津久井地域で栽培されてきた大豆ですが、年々栽培する人が減り、「幻の大豆」といわれてきた大豆です。しかし、糖分が多くて味が良いことから、近年、栽培面積が増加し、味噌や納豆として販売されるようになりました。

津久井在来大豆の写真

このページの先頭へもどる

湘南一本(しょうなんいっぽん)

湘南一本は、神奈川県農業技術センターが厚木市の農業者 野路 氏と共同して、育成・開発したねぎの新品種です。柔らかさが特徴で、火を入れると芯がとろりとして柔らかく、甘くなります。

湘南一本

このページの先頭へもどる

サラダ紫(さらだむらさき)

サラダ紫は、「生サラダにおいしいなすを作ろう」と神奈川県農業技術センターが育成したアクの少ない新しいタイプのナスです。サクサクとした歯触りとジューシーさ、そして甘みがとても新鮮です「ちょっと小さいかしら?」と思われるかもしれませんが、水分がたっぷり含まれているので、手にとるとずっしりと存在感があります。

サラダ紫

このページの先頭へもどる

アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 農政部 農政課 です。