神奈川県耐震改修促進計画

掲載日:2015年4月27日
 平成27年3月に「神奈川県耐震改修促進計画」を一部改定しました。
 この計画は、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく法定計画で、建築基準法の新耐震基準が導入された昭和56年5月以前に新築工事に着工した建築物の耐震化を促進することにより、建築物の地震に対する安全性の向上を図ることを目的としています。(当初計画は平成19年3月策定)
 今回の一部改定は、「建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律」が平成25年11月に施行され、地方自治体が必要に応じて避難路沿道の建築物について耐震診断を義務付けることが可能となるなど、建築物の耐震化対策が強化されたことから、本県の避難路沿道建築物の耐震化対策を講じたものです。

□ 神奈川県耐震改修促進計画(平成27年3月一部改定)

  神奈川県耐震改修促進計画(平成27年3月一部改定) [PDFファイル/975KB]

  参考資料 [PDFファイル/78KB]

   ※参考資料は、随時更新していますので、時点を確認して下さい。

意見募集の結果

耐震改修促進計画の一部改定に先立ち、県民の皆様のご意見を募集しました。

    「神奈川県耐震改修促進計画の一部改定(素案)」に関する意見募集の結果について [PDFファイル/5KB]

参考 これまでの経緯

建築物の耐震改修の促進に関する法律の改正について

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 建築住宅部 建築安全課 です。