ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成23年社会生活基本調査


印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月30日

 

ロゴ 平成23年社会生活基本調査結果を公表しました

 

  総務省統計局と神奈川県では、平成23年10月20日現在で社会生活基本調査を実施しました。
 調査の内容は、国民の生活時間の配分や、自由時間における主な活動(「学習・自己啓発・訓練」、「スポーツ」、「趣味・娯楽」、「ボランティア活動」、「旅行・行楽」)についてです。社会生活基本調査は、社会生活の実態を明らかにするもので、昭和51年以降5年ごとに実施されており、平成23年調査は8回目に当たります。
 調査結果は、ワーク・ライフ・バランスの推進、男女共同参画社会の形成、少子高齢社会における子育てや介護支援など各種行政施策の基礎資料として利用されます。


調査期日

平成23年10月20日(木曜)現在(生活時間については、10月15日(土曜)から23日(日曜)までの9日間のうち、調査区ごとに定める連続する2日間)

調査の対象

全国で約8万3千世帯約20万人、そのうち神奈川県では、約3千2百世帯が対象。

調査事項

年齢、続柄、教育の状況のほか、学習・自己啓発・訓練、スポーツ、趣味・娯楽、ボランティア活動、旅行・行楽の状況や生活時間の配分、仕事の種類、就業時間などの就業状態、住居の状況などについて調査。

結果の利用

各種行政施策のための基礎資料として利用されます。

  • ワーク・ライフ・バランスの推進
  • 男女共同参画社会の形成
  • 少子高齢社会における子育てや介護支援
  • スポーツ・文化・ボランティア活動などの地域振興策

平成18年結果


このページの先頭へもどる

 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)