食品表示法に基づく品質の表示について

掲載日:2016年12月20日

 平成27年4月1日から、JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)、食品衛生法及び健康増進法の食品の表示に関する規定を統合した「食品表示法」と、同法に基づいて定められた「食品表示基準」が施行されました。

 食品表示法の施行に伴う表示制度の主な変更点は以下のとおりです。

  1 加工食品と生鮮食品の区分の統一

  2 製造所固有記号の使用に係るルールの改善

  3 アレルギー表示に係るルールの改善

  4 栄養成分表示の義務化

  5 原材料名表示等に係るルールの変更

  6 表示レイアウトの改善

 

 詳細につきましては、下記のリンクをご覧ください。

  食品表示法に基づく品質事項の表示 [PDFファイル/3.39MB]

  食品表示一元化情報(消費者庁ホームページ)

 (関係法令、食品表示基準、食品表示基準Q&A、新しい食品表示制度のリーフレット等が掲載されています。)

 

 なお、生鮮食品については1年6ヶ月、加工食品及び添加物については5年の経過措置期間(食品表示基準の施行後、新基準に基づく表示への移行の猶予期間)が設けられています。


アドビリーダーのダウンロード
PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 生活衛生部 生活衛生課 です。