有馬高等学校

掲載日:2014年9月29日

世界とつながる有馬高等学校(ユネスコ・スクール)の取組み【県立有馬高等学校】

 各学年に、1クラスずつ英語(外国語)コースを設置し、英語の「話す・読む・聴く・書く力」をバランス良く習得できるようなプログラムを設けています。また、各学年に10名程度、在県外国人等の特別募集枠があり、アジア、中南米につながる生徒たちが在籍するとともに、海外からの留学生も共に学ぶ国際色にあふれた教育環境になっています。一般のクラスの生徒たちもこうした環境を生かし、グローバル社会に生きるための力を身に付けることができるよう日々の教育活動を進めています。

ユネスコ・スクール

 平成20年にユネスコ・スクールネットワークに加盟しました。ユネスコ・スクールは世界180カ国、約9,000 校がそのネットワークを活用して交流し、生徒間・教師間で情報や体験を分かち合い 、地球規模の諸問題に生徒たちが対処できるような新しい教育内容や手法の開発、発展をめざして活動しています。
 加盟以来、タイ、ドイツ、フランス、カンボジアのユネスコ・スクール及びユネスコ本部、世界遺産などへのそれぞれの派遣事業に本校の生徒が選ばれて参加し、全校集会などでその成果を発表してきました。
 また、カナダのユネスコ・スクールの生徒たちが来校し、本校の生徒たちと交流活動を行うなど海外からの訪問者も多く訪れています。

カナダの高校生が来校した際の集合写真
カナダの高校生の来校
(平成25年3月)

 テレビ電話を使い海外の学校と交流する様子の写真
 スカイプを用いて海外の学校と交流
 (平成26年7月)

 

 

 

Rice(ライス)・プロジェクトへの参加

 平成26年度はインド、インドネシア、タイ、フィリピン、韓国のユネスコ・スクールと共同でアジアに共通する食材の「米」について調査・研究を行う「Riceプロジェクト」に国内3校の参加校うちの一校として選ばれて活動を進めています。
 生徒たちは、平成26年11月に岡山県で開催される「ユネスコ・スクール世界大会」での発表校に選ばれることを目標として、近隣の農家や農業協同組合、研究所などを訪問して、調査研究を行っています。また韓国のプロジェクト参加校を訪ねて研究成果の交換を行ったり、テレビ会議システムを使ってインドネシア、韓国の学校の生徒と互いの活動状況を英語で話しあうなど研究発表の準備を進めています。

RICEプロジェクトによる韓国ドンウォン高校訪問写真
Riceプロジェクト 韓国ドンウォン高校訪問
(平成26年8月)

外国からきた生徒達の文化祭での作品の写真
外国とつながりのある生徒たちの文化祭参加
(平成26年9月)

海外姉妹校との交流

 平成25年度にアメリカ合衆国ケンタッキー州にあるバラード高校と姉妹校協定を締結し、26年3月に初訪問、6月にはバラード高校からの訪問生をホームスティのかたちで受け入れ、生活文化部の生徒たちが日本のお米を使った料理でもてなしました。バラード高校生のほとんどが日本語選択クラスの生徒であり、日本語と英語が混ざり合った会話が校内で飛び交い、お互いの学生生活や趣味などについて熱く語り合いました。

教室から世界へ

 アメリカ合衆国など海外に留学する生徒たちと、ベルギー、スウェーデン、ブラジル、アメリカ合衆国など海外から留学してくる生徒たちと、今までに多くの生徒たちが海外に出かけ、また、海外から来校しています。
 他にも、神奈川県の姉妹州であるメリーランド州高校生派遣事業にも本校の生徒が選ばれる等、様々な機会を捉えて新しい体験にチャレンジする生徒がたくさんいます。

   バラード高校に訪問した際の記念写真
   バラード高校訪問
   (平成26年3月)

バラード高校生徒来校し授業を受ける様子の写真
バラード高校生徒来校
(平成26年6月)

 このように本校は国際色豊かな教育環境にあると同時に、世界各国の学校とも交流のチャンネルを開いています。今後もグローバル社会でたくましく生きる力をもった生徒の育成をめざしていきます。

 

お問い合わせ先

神奈川県立有馬高等学校
電話:046-238-1333
 

神奈川県

このページの所管所属は 教育局 総務室 です。