小田原城北工業高等学校

掲載日:2016年6月27日

地域で全国で大活躍!小田原城北の『ものづくり』!!【神奈川県立小田原城北工業高等学校】

 本校は県西地区唯一の工業高校として、二宮金次郎生誕の地に程近い小田原市栢山に、昭和37年4月開校しました。現在は全日制機械科、建設科、電気科、デザイン科、および定時制機械科、電気科が設置されており、生徒たちはそれぞれの専門分野において『ものづくり』について学び、「地域産業を担う人材」に成長することを目指しています。

 ここでは全日制生徒による、ものづくりを通した地域に貢献する活動と、『ものづくり系』部活動の活躍を紹介します。

地域に貢献するものづくり活動1 清掃車のデザイン塗装

 小田原市民に愛されているカラフルな清掃車(パッカー車)は、平成5年から毎年一台、本校デザイン科生徒が原画の構想から塗装仕上げまで、全ての工程を担当して作り上げてきたものです。はじめての納車から平成27年までに23台の『作品』を送り出してきましたが、例年塗装作業は7、8月の蒸し暑い実習場で行われています。それらの作業に夢中になり汗だくで取り組む生徒たちの姿は、今では本校の『夏の風物詩』とも言えるものとなっています。

 この活動に熱い思いを抱き、本校のデザイン科に入学する生徒も少なくありません。デザイン科生徒たちの暑い熱い夏が、今年もいよいよ始まります!

                      清掃車のデザイン塗装

                       平成5年から続く清掃車のデザイン塗装

地域に貢献するものづくり活動2 歴史的建造物の修復

 歴史的に価値の高い建造物が多く残る小田原箱根地区。この価値ある建造物の維持・保全活動に、平成26年から建設科の生徒が協力しています。これまでに、旧東海道沿いに残る『瀬戸煙草店』の外壁張替えと、茶室『無住庵』の移築に協力しました。瀬戸煙草店の外壁の張替えでは「ささら子下見板張り」という技術を用いての作業、無住庵の移築では現地実測を行なった後にコンピュータ(CAD)を用いて図面の作成をしました。

 地域の職人さんにご指導いただいての作業を通して、生徒たちはより実践的な技術を学ぶとともに、地域の町並みを守る充実した活動ができました。

                      歴史的建造物修復作業

                      小田原箱根の歴史的建造物修復作業に協力

地域に貢献するものづくり活動3 通学路の旗入れ製作

 小学生にとって交通量の多い道路の横断は危険がいっぱいです。そんな小学生たちの通学の安全を守る黄色い旗。これを入れる旗入れを平成26年から機械科生徒が製作しています。地域の自治会の要望に応えようと始めたこの活動、いつまでも長く使える頑丈なものを作ろうということで、プラスチックパイプなどは使わず鋼材を用いて製作しました。学校にあった鋼板をローラーで丸め、つなぎ目と底板を溶接する作業は、日頃の板金実習や溶接実習で培った技能を活かす絶好の機会となりました。

 機械科生徒が作った『頑丈な旗入れ』は、通学路の横断歩道で、これからいつまでもいつまでも小学生たちを見守っていくことでしょう。

                      頑丈な旗入れ

                     横断歩道で小学生の安全を見守る『頑丈な旗入れ』

全国大会で大活躍の「ものづくり系」部活動1 新機械技術部

 本校には工業高校ならではの『ものづくり系』部活動がたくさんあります。その中で新機械技術部は、柔軟な発想と創意工夫を盛り込んだロボットを製作し、各種のロボット競技大会に出場しています。平成27年度は、「高校生ロボット相撲」ラジコン型・自立型で関東大会準優勝・全国大会出場、「ジャパンマイコンカーラリー」ベーシッククラス関東大会優勝・全国大会出場、「ロボットアメリカンフットボール」でも全国大会出場を果たしました。その他でも「宇宙エレベータープロジェクト」県大会カスタムクラス重量部門賞受賞など、数々の大会で大活躍しました。

生徒たちは日々部室にこもり、より強力なマシンの製作を進めています。今年も“城北ロボット”は全国で大暴れしそうです!

                     相撲ロボットの箱状のボディ

                   技術とアイデアが詰まる相撲ロボットの箱状のボディ

全国大会で大活躍の『ものづくり系』部活動 2 自動車部

 ハイブリッドカーなど環境にやさしいエコカーの開発が進んでいる昨今ですが、本校自動車部でも、50ccバイクのエンジンを改造したエコカーの開発・製作を行い、競技大会に毎年出場しています。平成27年は「かながわエコカー競技大会」において、日産自動車の社員チームや大学チームを抑え優勝を果たしました。また「ホンダエコマイレッジチャレンジ全国大会」では、これまでにガソリン1リッターで北海道まで走れる距離に相当する、1242km/ℓの最高燃費を記録しています。同大会高校生部門には例年250台ほどの参加がありますが、本校はここ数年、13位、15位、17位と、全国上位常連チームとなっています。

平成28年は現在製作中の新型車を投入し、全国トップ10入りを目指します!

                      エコカーレース直前の入念な調整

                    レース直前まで入念な調整をして記録向上を目指す

  小田原城北工業高校で『ものづくり』を学ぶ生徒たちは、技能や知識を身に付け日々着実に成長しています。これからもその技能や知識を活かせる様々な活動にチャレンジしていきます!

お問い合わせ先 

神奈川県立小田原城北工業高等学校
電話:0465-36-0111

神奈川県

このページの所管所属は 教育局 総務室 です。