請求から公開まで(Q&A)

掲載日:2016年4月1日

 ホームページやパンフレット等に公表されている情報のほか、神奈川県に係る情報を知る方法として「情報公開請求」と「自己情報開示請求」があります。

情報公開制度


・県が管理している行政文書(県の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画及び電磁的記録)の公開を請求できる制度です。
・書籍等の市販物や、県政情報センター、公文書館、図書館等で一般の閲覧に供している資料については請求対象から除きます。
・情報公開請求では、個人情報は請求者ご本人の情報も含めて原則として非公開となります。

情報公開制度に係るQ&Aはこちらです。
自己情報開示制度

・実施機関が保有しているご自身の個人情報の開示を請求できる制度です。

・実施機関が保有するご自身の個人情報について事実に誤りがある、又は違法な収集や利用・提供等が行われている場合には、自己情報の訂正又は利用停止を請求できます。

・自己情報開示制度の特例である簡易開示では、定められた試験の結果について、口頭での請求により、受験票などで本人確認をした後、その場で開示します。

自己情報開示制度に係るQ&Aはこちらです。
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 情報公開広聴課 です。