県内の自然公園

掲載日:2015年7月1日

神奈川県には1つの国立公園、1つの国定公園、そして4つの県立自然公園があります。
 6つの自然公園の合計面積は55,138haで、県土面積241,581ha(平成26年全国都道府県市区町村別面積調(国土地理院))の約23%になります。
各自然公園の区域図(地図)は、かながわの公園緑地マップで御覧いただけます。

富士箱根伊豆国立公園 | 丹沢大山国定公園 | 県立丹沢大山自然公園 | 県立真鶴半島自然公園 |
県立奥湯河原自然公園 | 県立陣馬相模湖自然公園

         

富士箱根伊豆国立公園

箱根は神奈川県の南西部に位置し、古くから東西交通の要衝として多くの旅人が行き来したところで、多くの史跡と温泉でよく知られています。変化に富んだ景観をもち、交通の便も良いことから、一年を通じ多くの人々が訪れます。
  昭和11年2月1日に富士箱根国立公園として指定され、昭和30年3月に外輪山の一部が拡張されて、現在の富士箱根伊豆国立公園に名称が変更になりました。

神山 大涌谷 仙石原のススキ草原から見た夕日と富士山

特別保護地区には、金時山、仙石原、神山、二子山、湯坂山、文庫山が含まれます。第1種特別地域には、外輪山内壁上部、中央火口丘の山腹、仙石原湿原の一部、早川火口瀬等、第2種特別地域には、仙石原一帯、芦ノ湖周辺、早川須雲川沿い等、第3種特別地域には外輪山稜線外側及び湯本周辺が指定されています。  

名称区域面積指定・変更年月日備考
富士箱根伊豆国立公園
(箱根地域)

箱根町
小田原市
南足柄市
湯河原町の
各一部

  10,356ha

S11.2.1
区域・計画変更S50.5.1
区域・計画変更S58.3.14
区域変更H2.2.27
区域・計画変更H11.7.30

特別保護地区   493ha
第1種特別地域 1,478ha
第2種特別地域 6,948ha
第3種特別地域    966ha
普通地域       471ha

箱根地域以外

東京、山梨、静岡

111,339ha
全面積121,755ha

丹沢大山国定公園

つつじ新道から見た畦ヶ丸 サラサドウダンツツジ  トウゴクミツバツツジ 

丹沢山地は、神奈川県北西部に横たわる、面積約4万haの山塊です。この地域は、都心からわずか50kmの首都圏の一角に位置しているにもかかわらず、豊かな自然が残されている山地として注目されてきました。昭和40年3月25日に丹沢大山国定公園として指定され、その後昭和60年9月に外周部を県立丹沢大山自然公園から編入し、拡張しました。特別保護地区には、塔ノ岳、丹沢山、本間ノ頭、蛭ヶ岳、檜洞丸を結ぶ稜線部の周囲が指定されています。これを取り囲むように第1種特別地域、その周りに第2種特別地域が指定されています。これら以外の比較的標高が低い地域は、第3種特別地域となっています。

名称区域面積指定・変更年月日備考
丹沢大山国定公園

相模原市
秦野市
厚木市
伊勢原市
松田町
山北町
清川村の
各一部

27,572ha

S40.3.25
区域・計画変更S60.9.5

特別保護地区   1,872ha
第1種特別地域  2,043ha
第2種特別地域  4,960ha
第3種特別地域  18,697ha

県立丹沢大山自然公園

宮ヶ瀬湖畔園地

 昭和35年5月2日に指定され、中核部分が昭和40年3月25日に国定公園に指定されたことにより、国定公園の東側及び西側地域と周辺の飛び地からなっています。第2種特別地域には、宮ヶ瀬湖が平成8年4月1日に指定されており、その周辺は第3種特別地域となっています。世附地域や弘法山周辺は地種区分のない特別地域となっており、清川村東部や高取山周辺は普通地域となっています。

名称区域面積指定・変更年月日備考
県立丹沢大山
自然公園

相模原市

秦野市
厚木市
伊勢原市
山北町

愛川町
清川村の
各一部

11,355ha

S35.5.2
区域変更S40.3.25
区域変更S46.6.29
区域変更S60.9.5
計画変更H8.4.1
区域・計画変更H9.4.1

特別地域      8,157ha
(うち地種区分なし6,230ha)
第2種特別地域    512ha
第3種特別地域   1,415ha
普通地域      3,198ha

県立真鶴半島自然公園

真鶴半島  真鶴岬 三ツ石

神奈川県の南西部に位置し、相模湾に突き出した半島のほぼ全域が自然公園に指定されています。公園内は原生林が広がり、森林浴を楽しむことができます。昭和35年10月18日に指定され、昭和36年8月22日に保護計画を策定し、昭和62年9月14日に保護計画の変更とともに利用計画が追加されました。
  第1種特別地域には岩礁及び原生林、第3種特別地域には真鶴岬が指定されています。半島西部は普通地域となっています。

名称区域面積指定・変更年月日備考
県立真鶴半島
自然公園

真鶴町の一部

138ha

S35.10.18
保護計画策定S36.8.22
区域変更S62.9.14
計画変更H4.12.8

第1種特別地域 31ha
第3種特別地域 17ha
普通地域    90ha

県立奥湯河原自然公園

湯河原

神奈川県の南西部、箱根外輪山の南麓に位置し、急傾斜の山々で形づくられています。万葉の時代から温泉地として知られ、数々の史跡を訪れることができます。昭和35年10月18日に指定され、昭和50年7月8日に国立公園区域拡大による区域見直しを行いました。平成12年4月1日に公園区域の見直しを行い、公園計画が決定されました。

名称区域面積指定・変更年月日備考
県立奥湯河原
自然公園

湯河原町の一部

1,932ha

S35.10.18
区域変更S50.7.8
区域変更及び公園計画決定H12.4.1

第2種特別地域    159ha
第3種特別地域 1,560ha
普通地域       213ha

県立陣馬相模湖自然公園

陣馬山、石老山など周辺の山稜はハイキングコースとして親しまれています。

陣馬山

神奈川県の最北端に位置し、相模湖、都県境尾根の南斜面及び道志山地東端の地域から構成されています。昭和58年12月16日に指定され、都県境に接し、東京都側は「明治の森高尾国定公園」及び「都立高尾陣場自然公園」となっています。都県境尾根の好展望地点である連行山、陣馬山の各一部及び石老山、大明神の各一部、相模湖水域、相模湖河岸の崖錐部及び相模湖東側の嵐山が第2種特別地域となっています。造林地域は第3種特別地域、里山及び利用拠点となりうる地域は普通地域となっています。

名称区域面積指定・変更年月日備考
県立陣馬相模湖
自然公園

相模原市の一部

3,785haS58.12.16

第2種特別地域  290ha
第3種特別地域 2,458ha
普通地域      1,037ha

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 水・緑部 自然環境保全課 です。