障害のあるお子さんがいる家庭のために(特別児童扶養手当)

掲載日:2016年4月1日

障害のあるお子さんがいる家庭では、特別児童扶養手当が受給できる場合があります。

特別児童扶養手当とは何ですか?

 この制度は、精神、知的または身体障害(内部障害を含む)等があり政令で定める程度以上にある20歳未満の児童について、児童の福祉の増進を図ることを目的として、手当を支給するものです。

どのような人が手当を受けられるのですか?

 日本国内に住所があり、精神、知的または身体障害等にある児童を監護している父、または母、もしくは父母に代わってその児童を養育している人が、特別児童扶養手当を受けることができます。

手当の額はどのくらいですか?

重度障害児の場合(別表1級)    1人につき月額51,500円 
中度障害児の場合(別表2級)    1人につき月額34,300円

 ※平成28年4月分から

所得の制限はありますか?

 請求者及びその扶養義務者の前年の所得が、下記の限度額以上ある場合は、その年度(8月から翌年の7月まで)の手当の支給は停止されます。

扶養親族等の数請求者配偶者および扶養義務者
0人4,596,000円未満6,287,000円未満
1人4,976,000円6,536,000円
2人5,356,000円6,749,000円
3人5,736,000円6,962,000円
4人6,116,000円7,175,000円

有期認定について

 有期認定とは、お子さんの障害の状態について、一定の期間を設けて受給資格を認定することです。
 一定の期間を過ぎると、引き続き手当が受けられるかどうか、再度認定が必要となります。有期期限までに診断書(原則として有期期限の当月、又は前月中に診断を受けたもの)等を提出してください。
 ただし、再判定の結果、減額となった場合、診断書作成日の翌月分の手当から減額となり、非該当となった場合、診断書作成日をもって資格喪失となります。

【例1】7月に有期期限を迎える方が、6月10日作成の診断書を提出し、1級から2級に減額となった場合

6月分までの手当が1級となり、7月分の手当から2級となる。  


【例2】7月に有期期限を迎える方が、6月10日作成の診断書を提出し、障害非該当となった場合

6月10日が喪失日となり、6月分の手当が最後の支払となる。  

その他

 これらの制度について詳しいことをお知りになりたい方は、住所地の市区町村か子ども家庭課までお問い合わせください。
なお、平成27年4月1日より、横浜市・川崎市・相模原市については、県から事務が移管され、各市で認定等の事務を行っています。

詳しく制度について知りたい方は?

特別児童扶養手当のリーフレット  (平成27年度用)

特別児童扶養手当周知用リーフレット  [PDFファイル/800KB]

特別児童扶養手当受給者のしおり [PDFファイル/753KB]

特別児童扶養手当認定診断書(平成27年10月23日更新)

特別児童扶養手当認定診断書については、お住いの市町村の担当課で受け取るか、以下のファイルをダウンロードし、B4かA3の紙にプリントアウトし、医療機関等に作成を依頼してください。

認定診断書様式第1号(眼の障害用) [PDFファイル/215KB]

認定診断書様式第2号(聴覚・平衡機能・そしゃく・嚥下機能・音声又は言語機能障害用) [PDFファイル/214KB]

認定診断書様式第3号(肢体不自由用) [PDFファイル/654KB]

認定診断書様式第4号(知的障害・精神障害用) [PDFファイル/197KB]

認定診断書様式第5号(呼吸機能障害用) [PDFファイル/275KB]

認定診断書様式第6号(循環器疾患の障害用) [PDFファイル/258KB]

認定診断書様式第7号(腎、肝疾患、糖尿病の障害用) [PDFファイル/305KB]

認定診断書様式第8号(血液・造血器、その他の障害用) [PDFファイル/261KB]

※医療機関等の方で、診断書をデータで作成したい場合は以下のファイルをご利用ください。

特別児童扶養手当認定診断書様式第1号から第8号入力可能ファイル [Excelファイル/1.22MB]

※療育手帳(A1又はA2)、又は身体障害者手帳【1級から概ね3級まで。ただし視覚障害(視野狭窄を除く)、聴覚障害、肢体不自由(欠損のみ)、音声・言語障害等】をお持ちの方は、診断書の提出を省略できる場合もあります。
※手当を受給するには審査があります。お子様に政令で定める程度以上の障害(下記ページ参照)があり、障害の原因となった傷病がなおった状態又は症状が固定した状態である場合に手当が支給されます。

特別児童扶養手当の障害の認定基準について

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 次世代育成部 子ども家庭課 です。