ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年度行事一覧


印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月21日

ブナの森ギャラリー企画展
「傷ついた野生動物」

人のくらしのかげで傷つく野生動物の事例を紹介します。野生動物のために何ができるか、考えてみませんか?
野鳥の羽根標本も展示しています。

パネル展示 羽標本 羽標本

出展;NPO法人野生動物救護の会
展示場所;自然環境保全センター 展示室2階「ブナの森ギャラリー」
展示期間;平成26年7月1日(火曜日)から9月28日(日曜日)
開館時間;9時から16時30分
休館日 ;月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土日祝日の場合は開館)


ミニ観察会

   

自然に詳しいボランティアの案内により、野外施設をゆっくりと歩きながら、四季折々の多様な生き物たちを観察し、親しむことができます。

写真:イノシシの痕跡を観察中       ミニ観記録
イノシシの痕跡を観察中

実施日 毎週日曜日と祝日(ただし年末年始は除きます。)

集合時間 13時 (所要時間は約2時間)

集合場所 本館玄関前

予約 不要

参加費 無料

服装 野外を歩ける靴、服装で

雨天時 強風や大雨などの荒天時をのぞき、雨天でも実施します

協力ボランティア団体 NPO法人かながわフィールドスタッフクラブ、グリーンタフ、ハンノキ会、みずきの会、谷戸っ子、湘南自然観察クラブ

ミニ観ポスターミニ観察会ポスター [PDFファイル/398KB]

※学校などの団体を対象とした自然観察や研修の指導も随時行いますので、当センター自然保護課までご相談ください。

行事のご案内へ戻る


自然発見クラブ(平成26年度)

季節の生き物たちの観察と、自然の素材を使った遊びをします。

自然発見クラブ写真

野外で草木のことを学んだら、
今度は自然素材を使ってリース作り。
どんな作品ができるかな
(自然発見クラブ)

1回 「自然素材のクラフトとリース作り」

日時 平成26年6月15日(日曜日) 10時から15時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

内容 植物や昆虫の様子を観察することにより自然の素晴らしさを知り、自然素材を使ってクラフトやリースなどを作成します。

定員 30名

参加費(材料費等) 500円

受付は終了しました。

こんな作品が作れます!(過去の作品例)

壁飾りリース松ぼっくりの鳥

第1回自然発見クラブ行事記録昨年の行事の様子 [PDFファイル/502KB]

行事のご案内へ戻る

第2回 「夏休み親子クラフト教室」

日時 平成26年8月3日(日曜日) 10時から12時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム

内容 木の実や木の枝などの自然素材を使っていろいろな「おもちゃ」を作ります。

定員 小学生と保護者 30名

参加費(材料費等) 500円

受付は終了しました。

行事のご案内へ戻る

3回 「クリスマスリース作り」

日時 平成26年11月22日(土曜日) 10時から15時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

内容 センター野外施設の自然観察と蔓や木の実などの材料集めをして、自然素材を使用したクリスマスのリース作りを体験します。

定員 30名

参加費(材料費等) 500円

お申込方法はこちらから

第3回自然発見クラブ行事記録昨年の行事の様子 [PDFファイル/1023KB]

行事のご案内へ戻る

4回 「お正月お飾り作り」

日時 平成26年12月21日(日曜日) 10時から15時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

内容 センター野外施設の自然観察と蔓や木の実などの材料集めをして、自然素材を使用したお正月のお飾り作りを体験します。

定員 30名

参加費(材料費代等) 500円

お申込方法はこちらから

第4回自然発見クラブ行事記録昨年の行事の様子 [PDFファイル/155KB]

行事のご案内へ戻る


フィールドスタッフ体験教室(平成26年度)

フィールドスタッフとなるための養成講座のうちのひとつとなります。

フィールドスタッフ養成講座のご案内

写真:林の中で自然観察をしている様子

フィールドスタッフの自然観察会での活動を
実際に体験します。
(フィールドスタッフ体験教室)

Aコース「自然観察会の基礎」

日時 平成26年6月14日(土曜日) 10時から15時30分  

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

内容 NPO法人かながわフィールドスタッフクラブの指導により、自然観察の基礎を学び、自然解説を実際に体験します。

定員 フィールドスタッフび自然観察の指導者を目指す人 30名

参加費 無料

受付は終了しました。

Bコース「自然観察会の企画・運営」

日時 平成26年9月20日(土曜日) 10時から15時30分

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・七沢森林公園

内容 NPO法人かながわフィールドスタッフクラブの指導により、午前中は七沢森林公園で自然観察会を体験し、午後は班に分かれて自然観察会の企画書案を作成します。

定員 フィールドスタッフ及び自然観察の指導者を目指す人 30名

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る

Aコース「自然観察会の基礎」

 日時 平成26年11月15日(土曜日) 10時から15時30分 

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

内容 NPO法人かながわフィールドスタッフクラブの指導により、自然観察の基礎を学び、自然解説を実際に体験します。

定員 フィールドスタッフ及び自然観察の指導者を目指す人 30名

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る

Bコース「自然観察会の企画・運営」

日時 平成27年2月14日(土曜日) 10時から15時30分

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・七沢森林公園

内容 NPO法人かながわフィールドスタッフクラブの指導により、午前中は七沢森林公園で自然観察会を体験し、午後は班に分かれて自然観察会の企画書案を作成します。

定員 フィールドスタッフ及び自然観察の指導者を目指す人 30名 

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る


自然観察指導技術研修会(平成26年度)

自然観察会での指導テクニックやポイント探しのコツを学ぶ技術研修です。(指導者向け)

写真:自然観察指導技術研修会の様子

自然観察会を行うための技術の習得を目指します。
(自然観察指導技術研修会)

第1回 自然観察指導技術研修会

日時 平成26年10月5日(日曜日) 10時から16時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

テーマ 「自然観察会での伝え方」

内容 自然観察の楽しさや自然のしくみを伝えるための心構えや方法について学びます。

講師 大井町教育委員会・おおい自然園園長 一寸木 肇 氏

定員 フィールドスタッフ及び自然観察の指導者を目指す人 30名

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る

第2回 自然観察指導技術研修会

日時 平成26年11月9日(日曜日) 10時から16時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

テーマ 「コケ類から見た、地域の環境診断」

内容 樹幹や器物着生の蘚苔類や地衣類は、周辺の大気の影響を受けやすい。コケ類の観察から地域の環境評価とコケ類の生き方を学びます。

講師 足柄ふれあいの村学芸員 吉田 文雄 氏

定員 フィールドスタッフ及び自然観察の指導者を目指す人 30名

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る

第3回 自然観察指導技術研修会

日時 平成27年2月1日(日曜日) 10時から16時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム・野外施設

テーマ 「知っておきたい鳥の知識・観察のポイント・最近の野鳥事情」

内容 野鳥観察の楽しさを通して、自然保護の大切さを知ってもらうための鳥の知識・観察のポイント・最近の野鳥事情を紹介します。

講師 (公財)日本鳥類保護連盟専門委員・元調査室長 坂本 堅五 氏

定員 フィールドスタッフ及び自然観察の指導者を目指す人 30名

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る


自然保護講座(平成26年度)

自然観察会で役立つ専門知識やタイムリーな話題を解説する教養講座です。

写真:自然保護講座を受講している様子

自然保護に関する
いろいろな話を聞きます。
(自然保護講座)

第1回 自然保護講座

日時 平成26年7月13日(日曜日) 13時30分から16時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム

テーマ 「鳥が作った自然界:きれいなチョウや花があるわけ」

内容 虫や、植物の花や実の「美しい色」の進化には鳥の活動が一役買っています。鳥の活動を通じて進化した自然界の不思議についてわかりやすく解説します。

講師 立教大学理学部教授・日本鳥学会会長 上田 恵介 氏 

定員 80名

参加費 無料

受付は終了しました

行事のご案内へ戻る

第2回 自然保護講座

日時 平成26年10月13日(月曜・祝日) 13時30分から16時

場所 自然環境保全センター レクチャールーム

テーマ 「里山のアナグマの今-保全問題と研究最前線-」

東京都日の出町のアナグマの調査によりわかったアナグマの環境選択と社会構造、都市環境に
進出しつつある最近の生態、外来種アナグマの影響、海外の事例など研究の最前線を紹介します。

講師 東京農工大学大学院 准教授 金子 弥生 氏 

定員 80名

参加費 無料

お申込方法はこちらから

行事のご案内へ戻る


 野生動物救護ボランティア講習会(平成26年度)

日時:平成26年6月21日(土曜日) 9時から16時30分まで
    平成26年6月22日(日曜日) 9時から16時30分まで
    どちらか都合のよい日

場所:自然環境保全センター レクチャールーム

内容:当センターの野生動物救護ボランティアに登録するために必要な講習会(1日)です。

定員:各回30名程度

参加費:無料

受付は終了しました。

野生動物救護ボランティアとは:
  当センターの施設内で、野生生物のヒナや幼獣等の世話や救護動物を介したデータ解析・環境教育・普及啓発活動等をお願いしているボランティアです。


夏休み親子自然体験隊(平成26年度)

「県立生命の星・地球博物館外来研究員 門田真人先生とともに、1500万年前のサンゴ礁の化石を探そう!」  
 南の海で生まれた火山島が、今は丹沢山地となっている。その生い立ちを知る貴重な体験ができます。丹沢山地には恵まれた自然があり、県民の貴重な水を育んでいることを学びます。

日時:平成26年7月27日(日曜日) 午前8時から午後4時30分
場所:山北町皆瀬川
定員:小学生と保護者20組
費用:1人1500円(小学生800円) 

   受付は終了しました。
行事のご案内へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

自然環境保全センター自然保護課

自然保護課へのお問い合わせフォーム

電話 046-248-6682
ファクシミリ 046-248-2560

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)