災害対策

掲載日:2011年3月1日

えいご | すぺいんご | ぽるとがるご

地震のとき


地震のとき

日本は地震の多い国です。地震のときは、あわてないで、次のようにしましょう


  1. テーブルの下などに入って、自分のからだを守り、あわてて外に出ない。
  2. ガスやストーブなどの火を消す。
  3. 狭い道路、かべ、がけ、川のそばから離れる。
  4. テレビ、ラジオなどの情報に従って行動する。
  5. 自動車に乗らず、歩いて避難する。
               

日ごろの心得

大地震にそなえ、家具を固定したり、飲料水・非常用食料・小型ラジオ・かい中電灯・ろうそく・マッチなどを用意しておきましょう。

大地震で火災などの危険があるときは、避難場所に避難しましょう。避難場所は、住んでいる地域ごとに決まっているので、あらかじめどこにあるか、調べておきましょう。また、地域の防災訓練や避難訓練にはできるだけ参加しましょう。


問い合わせ先

近くの消防署または、市町村の消防局・消防本部


避難する時、あわてないように、自分の名前と住所、近くの目印となる建物の名前を、ひらがなやローマ字で大きく書いて、電話の近くにはっておくと、いざというときべんり便利です。

               

災害用伝言ダイヤル 局番なしの171

災害が発生すると、災害の発生した地域への電話がかかりにくくなります。そのようなとき、「災害用伝言ダイヤル」をご利用ください。災害の発生した地域にいる人が録音した、大丈夫かどうかという情報を、ほかの地域にいる人が聞ける、声の伝言板です。災害の発生した地域にいる人へ、メッセージを送ることもできます。

NTTが災害用伝言ダイヤルサービスを始めるときは、テレビやラジオでお知らせします。使い方は、電話番号171をダイヤルし、日本語の利用ガイダンスに従って、伝言の録音、再生を行います。


  • 災害を防ぐために(地震に自信を)

    えいご | ちゅうごくご | かんこく・ちょうせんご | すぺいんご | ぽるとがるご

  • 減災ネットワーク(工事中)
  • 災害時に役立つ外国語の表示シート集

    大地震のような大きな災害が発生したときに、地域の避難場所に貼られる案内や、情報を翻訳したシート集が、下記のホームページにおいて、公開されています。(データはPDF形式)。79種類の文章や用語が、英語、中国語(簡体字、繁体字)、ハングル、スペイン語、ポルトガル語、タガログ、ベトナム語、タイ語、カンボジア語の10種類に翻訳されています。


    (財)横浜市国際交流協会「災害時に役立つ外国語の表示シート集(横浜版)」

  • 災害マニュアル(国際課編)工事中

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 国際課 です。