「三浦ふれあいの村」貸付先事業者第1位候補を決定しました。

掲載日:2017年8月25日

「三浦ふれあいの村」貸付先事業者第1位候補を決定しました。

 平成30年4月から予定している 「三浦ふれあいの村」民間への貸付について、平成29年4月に募集要項を公表し、貸付先事業者を募集したところ、2者から応募があり、学識経験者等で構成される「三浦ふれあいの村貸付先事業者選定委員会」が、それぞれの提案内容を選定基準に基づき評価を行った結果、最高得点の事業者を貸付先事業者候補に選定しました。

 このたび、県教育委員会は、その選定結果を踏まえ、次のとおり貸付先事業者第1位候補(優先交渉権付与)を決定しました。

1 貸付先事業者第1位候補

公益財団法人 横浜YMCA

〈参考1〉 「三浦ふれあいの村貸付先事業者選定委員会」による選定理由

○ 募集要項に掲げた貸付先の条件を満たす提案を行い、三浦ふれあいの村貸付先事業者選定委員会で最も高い評価を受け、候補者に選定された。

○選定委員会において最も高い評価を受けた点は次のとおり。

・学校等の自然体験活動の拠点としての機能に関して、学校の優先的な予約受付の仕組みや、事故発生時の緊急対応マニュアル、特別支援学校の利用等について、具体的で実現性の高い提案がなされている。

・地域振興の拠点としての機能に関して、三浦半島の食材を活かした食事の提供や、県及び近隣自治体の施策への協力、周辺観光施設との連携等について、具体的で実現性の高い提案がなされている。

・施策の安全管理や事故防止、夜間の警備体制等について、具体的な提案がなされてる。

・収支計画において、安定して収支黒字を計画しており、施設の修繕積立も考慮した、実現性の高い提案がなされている。

・全体的に具体的で実現性が高く、貸付後も安定した運営を期待できる提案がなされている。

〈参考2〉貸付期間:平成30年4月1日から平成50年3月31日(20年間)

神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 子ども教育支援課 です。