地域女性活躍推進交付金

掲載日:2017年7月14日

地域女性活躍推進交付金について

地域女性活躍推進交付金とは、地域経済の活性化を図るため、都道府県及び市町村が実施する、地域の実情に応じて行う女性の活躍推進に資する取組みを支援する内閣府の交付金です。

県内では、この交付金を活用して、次のような取組みが行われています。

平成29年度実施事業

【横浜市】女性活躍推進事業

趣旨・目的

横浜市の女性の就労の特徴として、結婚・出産等を機に7割の女性が離職するため、いわゆるM字カーブの谷が深いことがあげられます。一方で、働いていない女性の約9割が就労を希望していること、また、他都市に比べて大学・大学院卒の女性の割合が高いことなどから、女性の経済活動への参画については大きなポテンシャルがあります。

市内の中小企業においては、労働力人口の減少による人手不足に直面している中、女性雇用に着目し、積極的な姿勢を見せ始めていますが、環境の整備や柔軟な働き方への対応など、女性の活躍を推進する方法がわからない企業もあり、女性の側も、中小企業の良さや強みを十分に理解できておらず、女性の就労希望者が少ないという課題があります。

これらの実情を踏まえ、今後さらに女性の雇用や就業継続を促進していくために、女性の多様化するニーズや中小企業の個別の課題への対応など、きめ細やかな支援が必要と考え、事業に取り組みます。

事業内容

○企業が、女性を雇用するにあたっての環境整備や柔軟な働き方に対して消極的であったり、ノウハウを有していない
○中小企業の良さや強みが十分に理解されておらず、女性の就労希望者が少ない
○市外企業への長時間通勤の負担が大きく、女性が就労の継続を断念してしまう
という課題を解決するため、次の4事業を実施します。

1 横浜市女性活躍推進協議会における業界別女性活躍推進と広報・啓発
  業界別の分科会を設置し、女性活躍推進に関する業界特有の課題とその解決に向けた取組みを検討するとともに、業界全体の意識啓発につなげます。

2 よこはまグッドバランス賞認定及び女子大学生等への就職説明会
  男女が共に働きやすい職場づくりに取り組んでいる市内中小事業所を「よこはまグッドバランス賞」として認定します。また、認定企業と女子大学生等との交流会を開催し、企業の人材確保・女性活躍及び学生等のライフキャリア形成を支援します。

3 働き方改革の普及・啓発
 働き方改革に関するセミナー等を開催し、企業に対して働き方の見直しやワーク・ライフ・バランスに関する啓発を行います。

4 地域限定主婦層就労支援事業
 就労希望を持つ地域の主婦層と、人材確保を課題とする地元の中小企業との交流の場を設け、双方のニーズにあった雇用を後押しします。また、本取組みを通じて、将来的に他地域へと展開できる「職住近接」の雇用モデルを創出します。

 

担当部署

横浜市政策局男女共同参画推進課

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 人権男女共同参画課 です。