創業スクールへの講師派遣・教材提供の御案内

掲載日:2017年4月18日
神奈川県では、「人生100歳時代」を見据えて、シニア層の「起業したい人」を対象として、1コース6日間の「かながわシニア起業スクール」を、平成28年度において、県内6箇所で12コース実施しました。
平成29年度においても、引き続き県の事業として2コース程度実施する予定ですが、これと併せて、県内市町村等が創業スクールを実施する上で必要となる講師の派遣、及び教材の提供を行います。

事業概要(平成29年度)

講師の派遣

市町村等が行う創業スクールに対して、シニア層の創業に知見があり、シニア層に適した内容で講義が行える講師、または、創業の先進事例として参考となる内容を受講者に講演できる創業者を、県が経費を負担して派遣します。

教材の提供

創業スクールのテキストとして、県が作成する「かながわシニア起業スクールハンドブック」を提供します。

広報の協力

チラシを県機関の窓口に配架するなど、県が広報の協力を行います。また、掲載が可能な場合には、県の広報誌である「県のたより」等で周知します。

派遣回数及び費用負担

派遣回数

市町村ごとに、原則1コース延べ2回(1回当たり3時間程度)を上限とします(予算の執行状況により、ご希望に添えない場合があります)。

費用負担

派遣にかかる講師謝金(1回当たり3万6千円(交通費込))を上限として、県が直接講師に支払います。また、「かながわシニア起業スクールハンドブック」については、県が費用負担して主催者に送付します。
なお、上記以外の講師の手配、会場の確保、広報等については、主催者等でご対応ください。

対象となる創業スクール

県内の市町村が主催、共催又は後援するもの又は市町村の創業支援事業計画に位置付けられたもので、その全部又は一部でシニアの創業について扱うとともに、県が共催又は後援する事業として位置付けることが可能な創業スクールを対象とします。
上記に該当すれば、既存の創業スクールであっても対象とします。
なお、可能な限り、創業支援事業計画上の特定創業支援事業として位置付ける、あるいは位置付けられたスクールへの派遣依頼として頂くようお願いいたします。

申込手続

「神奈川県シルバーベンチャー創業人材育成事業 講師派遣・教材提供申込書」(様式1)により、県中小企業支援課あて、開催日の概ね1箇月前まで(広報の協力を併せて希望する場合は概ね3箇月前まで)にお申込みください。
なお、申込を行う場合は、予めご相談していただきますよう、お願いいたします。

要綱・様式

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 中小企業部 中小企業支援課 です。