教えて!カッピー(水道の水が届くまで)

掲載日:2017年1月27日

水道の水が届くまで

 わたしたちがふだん飲んでいる水道水はいったいどこからきて、どのように皆さんのところに届けられているのでしょうか。水源からじゃ口までの水の流れを順に見ていきましょう。
水道の水がとどくまで

(1)水源

 県営水道の水源は相模川と酒匂川(さかわがわ)です。相模川の源流は山梨県の山中湖や忍野八海(おしのはっかい)で、相模湖や津久井湖に流れています。県の西部を流れる酒匂川の源流は、丹沢の山々を流れる沢で、丹沢湖へと流れています。このほか、箱根地区などでは、地中からしみ出た水や湧き水を水源としています。

(2)浄水場

 浄水場では、ダムでたくわえられて川に流された水を取り入れ、様々な処理によって水をきれいにしています。また、浄水場や水道水質センターではいつでも安全で良質な水道水を届けるために、川の水や、浄水場で作られた水、じゃ口から出てくる水など、色々な場所で水に異常が無いかを水質の検査などをして確認しています。

(3)浄水場から家庭まで

 浄水場で作られた水道水は、送水ポンプで送り出され、送水管という大きな水道管を通して配水池にいったん貯められます。配水池はどの家庭でも水道水がよく出るように、高い丘の上などに作られています。また、地震などの災害時には、応急給水活動の拠点としても利用されます。
 配水池から配水管を通って家の近くまで来た水道水は、給水管に入り、水道メーターを通ってわたしたちの家へ届いています。
浄水場から家庭まで
カッピー(笑顔)
(参考資料・引用)「わたしたちの水道」(神奈川県企業庁)
神奈川県

このページの所管所属は 大和水道営業所 です。