沿線の特産品

掲載日:2017年3月1日

茅ヶ崎のしらすの画像寒川の棒コロの画像海老名のいちごの画像座間の水の画像相模原の風干し鮎せんべいの画像

相模線沿線の特産品を楽しもう!

相模線沿線の5つの市町(茅ヶ崎市・寒川町・海老名市・座間市・相模原市)の特産品を味わいにお出かけしてみませんか。散策と一緒に楽しめば、相模線沿線の旅を満喫できます。

相模線沿線市町の特産品

茅ケ崎市のシラス

シラス

【特産品紹介】茅ヶ崎名産のシラスは「釜揚げシラス」「シラスの天ぷら」「シラスサラダ」などの様々なメニューがありますが、その中でも「生シラス」は原産地でなければ味わうことのできない逸品です。
 ぜひ、湘南の海の幸をご賞味ください。

【問い合わせ先】茅ヶ崎市経済部産業振興課観光担当

【電話番号】0467-82-1111 (代表)

かながわの名産100選「湘南の生しらす」

寒川町の梨

梨

【特産品紹介】寒川町での梨の栽培は昭和31年に相模川の川原の畑を中心に始まりました。現在主に栽培されている幸水はみずみずしくて非常に甘く、「湘南なし」としてその名を轟かせています。

梨を使ったワインも有名です。

【問い合わせ先】寒川町環境経済部農政課農政担当

【電話番号】0467-74-1111(代表)

海老名市のイチゴ

いちご

【特産品紹介】海老名市はイチゴの生産が盛んで、神奈川県一位の生産量を誇っています。昭和の初期から栽培されていたようです。

現在は「とちおとめ」や「紅ほっぺ」などの生産が盛んです。

【問い合わせ先】海老名市経済環境部商工課

【電話番号】046-235-4843(直通)

かながわの名産100選「神奈川のいちご」

座間市の水

ざまみず

【特産品紹介】 座間市は地下水に恵まれ、水道水の大半を地下水で賄っています。その地下水をそのままアルミボトル缶に詰めた「ざまみず」は、口当たりがまろやかでミネラル分が豊富な中硬水という特色があり、地下水をイメージしたデザインボトルは好評を得ています。

また、飲みきりサイズなので軽くて持ち運びにも適しており、お出掛けのお供やお土産にも最適です。

【問い合わせ先】座間市上下水道局経営総務課経営係

【電話番号】046-252-7480(直通)

相模原市の卵

たまご

【特産品紹介】県内でも有数の生産量があり、南区麻溝地域には養鶏場が道沿いに並ぶ卵街道があります。また、市内全域に養鶏場があり、各養鶏場が独自の方法で安全・安心な美味しい卵を生産しています。
どれも大人気で美味しい相模原産の新鮮たまごです。

【問い合わせ先】相模原市経済部農政課農産班

【電話番号】042-769-8239 

この他にも、各市町には特産品がまだまだたくさんあります!

下のチラシから気になる特産品を見つけてみてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

特産品の紹介チラシ [PDFファイル/2.57MB]

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 都市部 交通企画課 です。