平成28年熊本地震に対する神奈川県の取組みについて

掲載日:2017年2月13日

【お知らせ】熊本地震により避難されている皆様へ

 熊本地震で被災した住宅の応急修理について、申込期限を設定した旨、熊本県より通知がありましたので、お知らせします。

 ■ 申込期限 : 平成29年4月13日(木曜日)

 ※ 詳細は、熊本県ホームページをご確認いただくか、問合せ先までご連絡ください。

 <熊本県ホームページ>
     http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15582.html

 <問合せ先>
     熊本県 健康福祉部 健康福祉政策課 
     電話 : 096‐333‐2819
     ファックス : 096-384-9870
     電子メール : kenkoufukushi@pref.kumamoto.lg.jp 


義援金等の取扱いについて

「熊本地震かながわキンタロウ募金」の受付は、
6月30日で終了しました。募金総額は、12,767,676円となりました。
ご協力ありがとうございました。    

団体の皆様からの寄付の状況

 「熊本地震かながわキンタロウ募金」への団体等からの寄附の状況 [PDFファイル/285KB]

熊本県への贈呈

 ご協力いただきました「熊本地震かながわキンタロウ募金」の一部について、本県からの災害見舞金とともに、次のとおり熊本県に贈呈しました。
 また、あわせて、本庁舎公開イベントで作成された寄書きも贈呈しました。
 【贈呈日時】平成28年5月17日(火曜日)11:30
 【贈呈場所】熊本県東京事務所(東京都千代田区平河町2丁目6−3)
 【贈呈内容】熊本地震かながわキンタロウ募金 5,000,000円
       神奈川県からの災害見舞金    1,000,000円
       神奈川県民からの寄書き(本庁舎公開イベントで作成)
         贈呈
       神奈川県東京事務所長から熊本県東京事務所長へ贈呈

 平成28年5月17日までの募金の一部と、それ以降にご協力いただいた募金7,767,676円については、
平成28年7月28日(木曜日)に、熊本県東京事務所において贈呈いたしました。
 また、日本赤十字社及び共同募金会では、平成29年3月31日まで義援金の受付を行っています。
寄付の受付口座は次のとおりです。

日本赤十字社

  • ゆうちょ銀行 口座記号番号:00130-4-265072 加入者名:日赤平成28年熊本地震災害義援金
  • 三井住友銀行 すずらん支店 普通預金 口座番号:2787530 口座名義:日本赤十字社(ニホンセキジユウジシヤ)
  • 三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店 普通預金 口座番号:2105525 口座名義:日本赤十字社(ニホンセキジユウジシヤ)
  • みずほ銀行 クヌギ支店 普通預金 口座番号:0620308 口座名義:日本赤十字社(ニホンセキジユウジシヤ)

詳細については、下記HPをご覧ください。
日本赤十字社「平成28年熊本地震災害義援金」 (外部リンク)  

 共同募金会

  • 肥後銀行 水道町支店 普通預金 口座番号:1281400 口座名義:社会福祉法人熊本県共同募金会(シヤカイフクシホウジンクマモトケンキヨウドウボキンカイ)
  • 熊本銀行 花畑支店 普通預金 口座番号:0025449 口座名義:社会福祉法人熊本県共同募金会(シヤカイフクシホウジンクマモトケンキヨウドウボキンカイ)
  • 三井住友銀行 東京公務部 普通預金 口座番号:0162585 口座名義:(福)中央共同募金会熊本地震義援金(フク)チユウオウキヨウドウボキンカイクマモトジシンギエンキン)
  • りそな銀行 東京公務部 普通預金 口座番号:0124323 口座名義:(福)中央共同募金会(フク)チユウオウキヨウドウボキンカイ)

詳細については、下記HPをご覧ください。
共同募金会「平成28年熊本地震 災害義援金の募集について」 (外部リンク)


神奈川県からの支援・取組

「平成28年熊本地震に係る支援派遣職員の活動報告会」(平成28年5月23日)

 今後の本県における災害対策への貴重な教訓とするため、平成28年熊本地震の被災地に派遣された職員による活動報告会を開催しました。

    次第 [PDFファイル/103KB]

    資料 [PDFファイル/212KB]

    ・かなチャンTVによる動画はコチラ

1 本県からの支援状況【平成28年10月3日17:00現在】

〇 神奈川県警察

・4月16日(土曜日)
  ・広域緊急援助隊(警備部隊)17名が出発。
  ・現地広報チーム8名が出発。
・4月19日(火曜日) 
  ・緊急災害警備隊151名が出発。
・4月23日(土曜日)
  ・広域緊急援助隊(交通部隊)35名が出発。
・5月15日(日曜日)
  ・特別生活安全部隊10名が出発。

〇 DMAT(災害派遣医療チーム)

(日本DMAT)いずれも厚生労働省からの依頼によるものです。
・4月16日(土曜日)
  ・国のDMAT事務局に日本DMAT(災害派遣医療チーム)として、神奈川県内の医師1名、ロジ2名を派遣。
  ・熊本県に日本DMAT(災害派遣医療チーム)の現地派遣員として神奈川県内の医師2名を派遣。
・4月23日(土曜日)
  ・熊本県医療救護本部に日本DMAT(ロジスティックチーム)として、神奈川県内の医師2名、ロジ1名を派遣。
(神奈川DMAT)
・4月17日(日曜日)
  ・神奈川県DMAT調整本部設置。
  ・厚生労働省から神奈川DMATの派遣要請。
  ・国の要請を受け 神奈川DMAT10チーム(53名)の派遣を決定。
・4月18日(月曜日)
  ・神奈川DMAT10チーム(53名)を派遣。

〇 かながわDPAT(災害派遣精神医療チーム)

・4月17日(日曜日)
   ・熊本県からの要請を受け、かながわDPAT(災害派遣精神医療チーム)として、
     県精神保健福祉センター職員5名を派遣。
・4月21日(木曜日)
   ・県立精神医療センター職員5名を派遣。
・4月26日(火曜日)
   ・県立こども医療センター職員5名を派遣。
・5月1日(日曜日)
   ・独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターから医師等4名を派遣。
・5月6日(金曜日)
   ・横浜市立大学附属市民総合医療センターから医師等3名を派遣。
・5月11日(水曜日)
   ・相模原市の医師等4名を派遣。
・5月16日(月曜日)
   ・横浜市の医師等3名を派遣。
・5月21日(土曜日)
   ・北里大学東病院の医師等3名を派遣。
・5月26日(木曜日)
   ・川崎市の医師等5名を派遣。

〇 医療救護班

・4月21日(木曜日)
   ・全国知事会の要請を受け、済生会横浜市南部病院、横浜市立大学附属病院から医師等4名を派遣。
・4月25日(月曜日)
   ・県立足柄上病院から医師等5名を派遣。
・4月28日(木曜日)
   ・川崎市医師会会員医療機関の医師等5名を派遣。
・5月1日(日曜日)
   ・横浜市医師会会員医療機関の医師等5名を派遣。
・5月4日(水曜日) 
   ・横浜市医師会会員医療機関の医師等5名を派遣。                                                 ・5月7日(土曜日) 
   ・東海大学医学部付属病院の医師等5名を派遣。

〇 管理栄養士

・5月1日(日曜日)
   ・熊本県からの要請を受け、管理栄養士の資格を持った県職員1名を派遣。
・5月6日(金曜日)
   ・県職員1名を派遣。
・5月11日(水曜日)
   ・県職員1名を派遣。
・5月16日(月曜日)
   ・県職員1名を派遣。
・5月21日(土曜日)
   ・県職員1名を派遣。
・5月26日(木曜日)
   ・県職員1名を派遣。

〇 保健師チーム

・4月26日(火曜日)
   ・熊本県からの要請を受け、県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月1日(日曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月6日(金曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月11日(水曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月16日(月曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月21日(土曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月26日(木曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・5月31日(火曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・6月5日(日曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。
・6月10日(金曜日)
   ・県職員(保健師等)3名を派遣。

〇 応急危険度判定士

・4月23日(土曜日)
   ・国土交通省からの要請を受け、応急危険度判定士の資格を持った県職員(建築職)2名を派遣。
・4月26日(火曜日)
   ・県職員(建築職)2名を派遣。

〇 土木技術職

・4月25日(月曜日)
   ・被災状況等に係る情報収集のため、先遣隊として県職員3名を派遣。
・5月16日(月曜日)
   ・全国知事会からの要請を受け、県職員4名を派遣。
・6月17日(金曜日)
   ・県職員4名を派遣。
・7月22日(金曜日)
   ・県職員4名を派遣。
・8月27日(土曜日)
   ・県職員4名を派遣。
・10月1日(土曜日)
   ・県職員1名を派遣。

〇 建築職

・6月3日(金曜日)
   ・国土交通省からの要請を受け、建築職2名を派遣。

〇 水道技術職等

・5月3日(火曜日)
   ・公益社団法人日本水道協会からの要請を受け、県職員4名 (神奈川県管工事業協同組合員6名が同行)を派遣。

〇 全国知事会現地本部要員

・4月24日(日曜日)
   ・全国知事会からの要請を受け、県職員2名を派遣。
・5月19日(木曜日)
   ・県職員2名を派遣。

〇 被災家屋の被害認定調査要員

・5月3日(火曜日)
   ・全国知事会からの要請を受け、県職員15名を派遣。

〇 避難所運営支援(一般事務職)

・5月7日(土曜日)
   ・全国知事会からの要請を受け、県職員3名を派遣。
・5月13日(金曜日)
   ・県職員3名を派遣。
・5月19日(木曜日)
   ・県職員3名を派遣。
・5月25日(水曜日)
   ・県職員3名を派遣。
・5月31日(火曜日)
   ・県職員3名を派遣。
・6月5日(日曜日)
   ・県職員2名を派遣。
・6月10日(金曜日)
   ・県職員2名を派遣。
・6月15日(水曜日)
   ・県職員2名を派遣。

〇 物資の支援

・4月22日(金曜日)
   ・熊本県教育委員会からの要請を受け、熊本県立苓洋(れいよう)高校の実習船「熊本丸」を通じて、支援物資(県立海洋科学高校等の生徒が実習で製造した缶詰、味噌等)を提供。

(その他応援準備体制を整えているもの)

  • 備蓄物資(食料、飲料水、毛布、トイレ等)
  • 企業庁による応援隊(上水道に関する調査隊、応急給水隊、応急復旧隊)の派遣、応援物資(ペットボトル水、非常用飲料水袋)の搬出  

2 本県関係団体からの支援状況

○ 公益財団法人かながわ国際交流財団

・4月19日(火曜日)
  ・外国人が避難している施設での多言語支援に関するニーズ把握のため、職員1名(ネパール人職員)を派遣

ボランティアの案内

 災害ボランティア活動をお考えの方は、現地の最新情報を把握するとともに、必要な準備をしたうえで活動していただきますようお願いします。
 ボランティア情報については、全国社会福祉協議会・全国ボランティア・市民活動振興センターの「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」をご参照ください。

救援物資について

 県民の皆様から、救援物資等を送付したい旨のお申し出をいただいており、心より感謝申し上げます。
 しかしながら、現地では今なお規模の大きな余震が相次いでおり、状況が刻々と変化する中で、小口の救援物資につきましては、被災地のニーズに即時に対応することが困難であるため、現在のところ、本県では受付を差し控えさせていただいております。
 何卒ご理解いただきますよう、お願いいたします。

県内中小企業の皆様の特別相談窓口

 現地の工場や物流に被害が出ており、その影響が県内の中小企業にも及ぶことが危惧されます。そこで、県では、平成28年熊本地震で影響を受けている県内中小企業の皆様に対して、経営や金融に関する特別相談窓口を設置します。

県税の申告、納付等の期限の延長

 熊本県内に住所等を有する方および同県内に主たる事務所等を有する方について、 平成28年4月14日以降に到来する県税に関する申告等の期限と納期限を延長してきましたが、この度、延長後の期限を定めましたのでお知らせします。
 期限が延長された県税については、次の期限までに申告、納付等の手続を行う必要があります。

ア  熊本県熊本市、阿蘇郡西原村、阿蘇郡南阿蘇村、上益城郡御船町および上益城郡益城町に住所、
  主たる事務所等を有する方

  期限が延長される手続 平成28年4月14日から同年12月15日までの間に期限が到来する申告、納付等
  延長後の期限     平成28年12月16日

イ 熊本県内のア以外の地域に住所、主たる事務所等を有する方
  期限が延長される手続 平成28年4月14日から同年11月29日までの間に期限が到来する申告、納付等
  延長後の期限     平成28年11月30日

  詳しくは、税制企画課ホームページをご覧ください。

公営住宅等の一時提供について(受付は終了しました)

 平成28年熊本地震に伴う被災者を対象とした一時提供住宅の受付窓口を設置して、入居者募集を行いました。
 詳しくは、住宅計画課ホームページをご覧ください。

水道料金の減免について

 平成28年熊本地震により被災され、神奈川県営水道の給水区域内に避難されている方に対し、水道料金の減免を行います。
 詳しくは、企業庁ホームページをご覧ください。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 安全防災局 安全防災部 災害対策課 です。