共同住宅の付帯給水設備は加入金が免除となるものがあります。

掲載日:2015年10月5日

給水装置の工事申請に伴い、手数料と共に加入金を納めていただく場合があります。

共同住宅の付帯給水設備の加入金の免除については、免除となるもの、ならないものが定められています
お問い合わせが寄せられていますので次のとおり掲載します。

給水工事申請の際、参考にして下さい。

 1.免除となる付帯給水設備

  • 散水栓
  • 足洗場
  • 車庫
  • 駐車場
  • 共同風呂
  • 共同トイレ
  • 共同洗濯場
  • 集会場(住宅の併設がないもの)
  • 児童遊園(都市計画法施行令に基づき設置されるものを除く)
  • 食堂(ケアー付高齢者住宅等に設置されるものであって、外部への直接な出入口がないもの)
  • 健康管理室(ケアー付高齢者住宅等に設置されるものであって、外部への直接な出入口がないもの)
  • 給湯用設備(住宅等の各戸に給湯するために設置される大型湯沸器)
  • コインランドリー(住宅等の入居者だけの使用として認められるもの)

 2.免除とならない付帯給水設備

  • 管理事務所
  • 清掃会社詰所
  • 公園プール
  • 店舗
  • 団地汚水処理場
  • 事務室(ケアー付高齢者住宅等に設置されるもの)

 問い合わせ例

Q 共同住宅を3棟建設する予定だが、各棟に散水栓を設置し、A棟には管理人室を造る場合の加入金は?
A 管理人室を造りそこに洗面所などの給水設備を設ける場合は加入金が免除とはなりませんが、散水栓は加入金免除となります。 ※管理人室は管理事務所にあたります。

神奈川県

このページの所管所属は 藤沢水道営業所 です。