移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

掲載日:2017年3月31日
インタビュー動画の画像

神奈川県は、都心まで通勤圏内で、都市の便利さがありながら、海、山、川という自然の魅力も併せ持っています。

ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らしませんか。

移住・定住PR動画へのリンクボタン移住情報・移住相談市町村移住等情報ページへのリンク
しごと情報空き家バンクへのリンク住宅情報
子育て情報医療・介護情報
神奈川県の概要神奈川県内の市町村

ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう(移住情報)

移住・定住PR動画、移住に役立つ窓口はこちら

ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそうへのリンク3

移住者インタビュー動画

【インタビュー】ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう(三浦半島エリア編)

【インタビュー】ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう(さがみエリア編)

【インタビュー】ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう(湘南エリア編)

【インタビュー】ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう(あしがらエリア編)

移住者の声(インタビュー動画に含まれていないお話)

三浦半島エリア

ゆっくりと地に足着いた生活が心地いい

Q.移住を考えたきっかけは?
A.以前は夫婦共に都内で広告代理店に勤務していて、毎日終電で帰宅し、食事はコ
ンビニという生活でした。主人が家業のマグロ問屋を継いだことがきっかけで三浦へ
の移住を決意。今は子育てする傍ら、ゆっくりと地に足着いた生活ができてすごく心
地いいです。
みんなで料理を持ち寄って食事会をすることがあり、地元の野菜や魚がおいしいの
で、持ち寄った料理もクオリティーが高いと感じます。

三浦半島の写真1

地域のみんなで子育てしている

Q.実際に移住して感じるメリットは?
A.子どもたちを、観光地ではない浜辺や、山や畑などの自然環境で遊ばせる事
ができるのがうれしいです。浜がいくつもあるので本当にふらっと海に行って遊ん
だり、そんなときにも、近所のお母さんが来て子どもたちを見守ってくれたりして助
かりますね。
仲間うちで子育ての相談をしたり、子どもを預けたりできるから、自分一人だけで
子育てをしているのではなく、地域のみんなで子育てをしている感じです。

三浦半島の写真2

さがみエリア(県央地域)

家のすぐ裏でトレイルランがいつでもできる

Q.移住を考えたきっかけは?
A.子育ての環境としても 街中の現代的な育ち方よりは、田舎で昔ながらの育ち方をさ
せたいなという思いもあって清川村へ移住しました。トレイルランを10年以上やってい
て、いつか山の近くの田舎に暮らしたいと思っていました。山の中を走ることって、下り
とかはアスレチックみたいな楽しさがあって、普通の道を走るのと違う爽快感があって
気持ちいいですね。

さがみエリアの写真1

都会ではできない近所づきあいがある

Q.清川村の人たちの印象は?
A.以前は家を両親2人とも空けるのはなかなか難しくて、子どもに何かあった時は必ず
どちらかが仕事を早退していましたが、今はご近所さんが手伝ってくださるので、すごく
助かってますね。
普段声をかけてくださる方々が本当に多くて、子どもたちが自然と仲良く遊べる環境が
できているから、地域のみなさんに大きくさせてもらってると感じます。なかなか都会
じゃ、そこまで近所づきあいができないですから。

さがみエリアの写真2

湘南エリア

サーフィンでリフレッシュして都内へ通勤

Q.移住をしたきっかけは?
A.サーフィンが好きで毎週のように鵠沼海岸へ来ていたので、住んだ方が早いと
思って藤沢市へ移住しました。
ビジネスも好きなので、東京都内に通勤ができる場所が移住地を決める条件でした。
海が目の前にあり、毎朝出勤前に大好きなサーフィンができることで、リフレッシュし
て出勤できます。妻は道も歩きやすく、水族館もあり、観光地にもすぐ行けていいと
言っています。

湘南エリアの写真1

街全体がスローライフ

Q.移住して良かった?
A.まあ大満足ですよね。サーフィン以外でのプラス面が意外に大きかったです。
街自体にとてもスローライフを感じることができてて、なんてことはないゆとりの時間が
とても大切だと感じました。海産物もおいしいですしね。

湘南エリアの写真2

あしがらエリア(県西地域)

きれいな街、きれいな空気、水や食物の安全

Q.なぜ南足柄市に移住したのですか?
A.南足柄は、街がクリーンに保たれていたり、住人が自分達で街を作っていたり、
きれいな空気で、水や食物が安全なので、移住を決めました。
畑をやろうって思った理由のひとつが、ヨーロッパで見た大きなイモを獲りたいって
いうのがあったんです。そのイモがとれるように栽培方法を変えたり、改良したりし
て、いまでは大きなイモがとれるようになりました。

あしがらの写真1

大雄山線の駅に着くと南足柄の安田さんに戻る

Q.都心への通勤は?
A:都心への通勤時間は約1時間45分。ゆっくり仕事をしながら通えるので、通う
環境は全く不満ないですね。ワークライフバランスが良くなりました。
南足柄の水とか空気とか、目に入るものが変えますよね。僕個人のモードを変え
るのか、脳が何か切り替わるような感じです。大雄山線の駅に着くと、ちょっと冷
たい空気を感じるんです。その空気を吸ったときに、僕は南足柄の関本の安田
さんに戻るんです。

あしがら2

神奈川県

このページの所管所属は 政策局 政策部 総合政策課 です。