「『ガソリンベーパー』を考えるシンポジウム」     ―ORVR車って何?―を開催しました!

掲載日:2016年6月7日

かなぼうとORVR車イラスト

大気汚染物質である微小粒子状物質(PM2.5)などの改善に向けて「『ガソリンベーパー』を考えるシンポジウム」を開催しました!


開催概要

知事あいさつ写真

日時:平成28年1月25日(月曜日)14時から16時まで

場所:横浜情報文化センター6階情文ホール(横浜市中区日本大通11)

内容:シンポジウムのリーフレット [PDFファイル/1.8MB]

主催:神奈川県

参加者数:112名

内容(敬称略)

第1部:基調講演等(14時から14時40分まで)

1.あいさつ

神奈川県知事 黒岩 祐治

2.基調講演「日米欧におけるガソリンベーパー対策の現状」

独立行政法人交通安全環境研究所 主席研究員 山田 裕之
【当日資料】 [PDFファイル/1.73MB]
第1部の様子

第1部の様子

第1部では、神奈川県がガソリンベーパー対策に注目した理由と、その対応策としてORVR車を推進していこうというメッセージをこめて黒岩知事が挨拶しました。

続く基調講演では、「日米欧におけるガソリンベーパー対策の現状」と題して、各国のガソリンベーパー対策の違いについて、独立行政法人交通安全環境研究所の山田主席研究員よりご講演いただきました。

このページの先頭へもどる

第2部:パネルディスカッション(14時50分から16時まで)

テーマ

「ガソリンベーパーを考える―ORVR車って何?―」
※ORVR車の疑問について、パネルディスカッションを通して解き明かしていきます。

パネリスト等

舘内 端(一般社団法人日本EVクラブ代表/自動車評論家)
飯田 訓正(慶應義塾大学理工学部 教授) 
鬼沢 良子(NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長)
山田 裕之(独立行政法人交通安全環境研究所 主席研究員)
加藤 洋 (神奈川県環境農政局環境部大気水質課長)
第2部の様子

第2部の様子

第2部では、自動車評論家や学識者の方々によるパネルディスカッションを通して、ORVR車に対する理解を深めました。

【意見交換の記録】
館内氏を座長とし、パネリストによる意見交換を行いました。
意見交換時の記録 [PDFファイル/85KB]

このページの先頭へもどる

風景のイラスト

参考

ガソリンベーパーとは?

ガソリンベーパーの画像

ガソリンは常温でも蒸発しやすく、その蒸気を「ガソリンベーパー」と言います。

身近なところでは、セルフガソリンスタンドで給油する際に見える「透明なモヤモヤ」が「ガソリンベーパー」です。

この「ガソリンベーパー」は、ガソリンスタンド独特のにおいの原因であり、PM2.5や光化学スモッグなどの原因のひとつと考えられています。

ガソリンベーパー対策に効果的な「ORVR車」

ORVR車の構造図

「ガソリンベーパー」対策として、神奈川県では、「ORVR車」の早期普及を目指しています!

「ORVR車」とは、給油時、走行時、駐車時のあらゆる場面で自動車から大気中へ放出されている「ガソリンベーパー」のほとんどを車体内で回収し、運転中に燃料として再利用できる車のことです。

※ORVR(オーアールブイアール):Onboard Refueling Vapor Recovery(車搭載型燃料供給時蒸気回収装置)

「ORVR車」が全国的に普及することによって「ガソリンベーパー」の大気中への放出を効果的に抑制することができ、PM2.5や光化学スモッグの発生抑制につながると期待されています!

関連ページ

このページの先頭へもどる

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 大気水質課 です。