販売実習

掲載日:2017年9月1日

農業の実践学習の場として、学生が一所懸命栽培した季節の野菜、果物、切り花、鉢物等の生産物を販売しています。
当日午前中に収穫した、まさに穫れたての品々です。

校内販売のほか、イオン海老名店と県厚木合同庁舎でも定期的に出張販売を行っています。
詳しくは、直売カレンダーをご覧ください。

消費者の皆様からご意見をいただくことも学習です。是非、生産物を手にとっていただき、ご感想や学生への温かい励ましの言葉がいただけると大変ありがたいです。

9月のお勧め品

  • 野菜

 人気のトマトは、露地の収穫が終わり、ハウスでの栽培が始まっています。下旬頃から収穫できる見込みですので、もうしばらくお待ちください。9月前半には、ミニトマト、キュウリ、ナス、カボチャ、ピーマン、シシトウ、エダマメ、エンサイ(空芯菜)、モロヘイヤのほか、赤や黄色のパプリカ、パクチー、トウガラシ、ハバネロといった個性派野菜もあります。

  • 果実

 梨の収穫が進んでいます。上旬には‘豊水’、‘秀玉’が、中旬には‘あきづき’がお目見えします。ブドウは、黄緑色で糖度が高く、皮ごと食べられる‘シャインマスカット’の収穫が始まります。収穫量が少ないので、お早目に!!売り切れの際は、ご容赦ください。

  • 花き

 9月は端境期で、花の種類も量も少ない時期ではありますが、バラやガーベラガーベラのほか、前半はヒマワリや千日紅、後半はコスモスなども販売します。秋以降、また新たな花々を皆様に提供できるよう、学生たちも種まきや苗の定植作業に、日々取り組んでいます。

校内販売

平成28年6月10日(金曜日)、販売実習棟がオープンしました。この施設は、当校の学生が生産から販売までを一貫して学ぶために、直売を実践形式で行うものです。

名称は「情熱直売所」。技術専修科 独立就農チャレンジコースの学生が考案したもので、「情熱を持って育て、情熱を持ってお客様へ提供することから。」と名付けたものです。

 直売実習施設運営の基本理念を
  ・信頼される商品の提供
  ・地域に親しまれる店舗の運営
  ・学生の自主性と創意工夫を生かした生産と販売
 とし、その実現に向けて、学生・職員が努力して参ります。

お客様からもご意見をいただき、検討・改善していくことが、サービスの向上と学生の勉強になりますので、遠慮なく申し付けください。毎週月・水・金曜日の15時から15時50分頃まで販売しています。アクセスはこちら>>>

情熱直売所の全景

直売所直売所直売所

イオン海老名店での販売

イオン海老名店と海老名商工会議所のご厚意により、平成26年度からイオン海老名店の店頭で、販売実習を行わせていただいています。第2・第4水曜日の12時30分から14時頃まで販売します。地図はこちら>>>

イオン海老名店での販売イオン海老名店での販売

直売カレンダー

直売カレンダー

緑色の四角マーク校内販売(15:00から15:50頃)

紫色の丸マーク

イオン海老名店での出張販売(12:30から14:00頃)、加えて校内販売(15:00から15:50頃)

青色の六角形マーク

県厚木合同庁舎での出張販売(12:15から13:00頃)、加えて校内販売(15:00から15:50頃)

神奈川県

このページの所管所属は かながわ農業アカデミー です。