カリキュラム

掲載日:2016年5月25日

履修学科目

課程専攻学科目
生産技術科

野菜
花き
果樹

文章表現、実践数学、暮らしと法律 等 

農業基礎、農業簿記、農業経営管理演習、基礎農業機械、農業情報処理、農業政策、植物生理、植物育種、ゼミナール、課題学習、卒業論文 等 

実習、先進農家等派遣研修

技術専修科

野菜
花き
果樹
独立就農チャレンジ

農業簿記、農業経営分析設計、土壌肥料、農業気象、基礎農業機械、農業法規、園芸栽培演習、植物生理、ゼミナール、卒業論文 等 

実習、先進農家等派遣研修

 
  • 各学科目は単位制となっており、生産技術科は2年間で92単位以上、技術専修科は1年間で45単位以上の習得が必要です。

履修単位一覧

※クリックで詳細が表示されます

プロジェクト学習

プロジェクト学習

プロジェクト学習は、本校の主軸となる学習形態のひとつです。

学生自ら課題を設定し、計画の立案、実行、結果の反省・評価という、問題の解決過程を経験することによって、知識と技術の理解を深める実践的な学習です。

プロジェクト学習の結果を共有するため、全学生を対象としたプロジェクト発表会を実施します。

優秀な課題は、関東ブロックや全国の大会で学校代表として発表します。

 

販売実習

校内販売

神奈川の農業は直売が盛んであり、その実践経営として週3回の販売実習(直売)を行っています。校内販売のほか、イベントでの出張販売も行います。

季節の野菜、果物、切花、鉢物等、学生が作った生産物を販売します。 お客様から励ましをもらうことが、学生のやる気にもつながっています。

平成28年6月には販売実習棟が完成し、校内販売の回数が月曜、水曜、金曜の週3回に増えました。販売開始時間も15時に変わりました。

詳しくはこちら>>>

卒業論文

卒業論文発表会

農家の後継者は自家農業の将来計画等についてまとめ、農家以外の学生は新規就農計画またはプロジェクト学習をさらに発展させた論文をまとめ、全学生の前で発表します。

論文として文章にまとめることが、卒業後の進路や将来的な構想を考えるよい機会になっています。

先進農家等派遣研修

先進的技術を持った農業者や農業法人のもとで研修を行います。

先進的な農業経営の実際や、生産物の流通の実態を数多く見聞し、体験することで、生産技術だけでなく、ニーズに的確に対応できる経営者能力を養います。

生産技術科1年生約10日間
2年生約50日間
技術専修科約25日間

  

機械実習

機械実習

入校したすべての学生を対象に、農業機械の安全な操作と効率的・効果的な利用ができるよう、知識、技術の習得を図ります。

また、トラクターの公道走行に必要な、大型特殊自動車免許(農耕車限定)を取得します。

詳しくはこちら>>>

    Adobe Readerダウンロード

    Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
    神奈川県

    このページの所管所属は かながわ農業アカデミー です。