DVに悩む男性の皆様へ

掲載日:2015年3月14日

DVに悩む男性の皆様へ

これってDV?

 「妻に物を投げつけられた」「妻から罵声を浴びせられる」

 「妻の機嫌が悪いと自宅に入れてもらえない」「浮気を疑われて常に監視されている」

 「カッとなるとつい妻に手を上げてしまう」「妻を罵倒してしまう」

 思い当たることはありませんか?このような行為はDVにあたります。

 些細なことでも「これってDV?」と思ったら、一人で悩まず、まずはご相談ください。

 また、周りでDVに悩んでいる男性がいれば、相談窓口を紹介してください。

悩む男性

DVの代表的な形態

DVの代表的な形態

身体的な暴力殴る、蹴る、首を絞める、物を投げつける
心理(精神)的暴力 暴言を吐く、脅かす、無視する、浮気・不貞を疑う、家から締め出す、大事にしている物を壊す
経済的暴力生活費を渡さない、借金を重ねる
社会的隔離

外出や、親戚・友人との付き合いを制限する

交友関係を厳しく監視する

その他「稼ぎが少ない」「甲斐性なし」と言われる

DVに悩む男性のための相談窓口

 「DVに悩む男性のための相談窓口」を開設しました。

 一人で悩まず、まずはお電話を。

 男性の精神保健福祉士が相談に対応いたします。

  •  電話番号 0570-783-744(なやみ なしよ) 秘密厳守・匿名可
  •  開設日時 毎週、月、木曜日 18:00から21:00まで(祝日、年末・年始を除く)
  •  費用    相談は無料(通話料は別にかかります。)

※ 「DV(ドメスティック・バイオレンス)」という言葉は、直訳すると「家庭内暴力」となりますが、

  ここでは「配偶者や交際相手等の親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」という意味で使用しています。

DVに悩む男性のための相談窓口ポスター

 チラシはこちら [PDFファイル/4.81MB]

男性被害者相談窓口

  男性被害者の方は、次の番号でも相談を受け付けております。

  •  電話番号:0570-033-103  秘密厳守・匿名可
  •  開設日時:月曜日から金曜日の9時から21時(祝日、年末年始を除く。)
  •  費用    相談は無料(通話料は別にかかります。)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 人権男女共同参画課 です。