インターネット依存について

掲載日:2017年5月1日

 インターネットは、誰もが世界中から瞬時に情報を集められるとともに、様々な人たちと交流ができる大変便利なものです。

 一方で、誤った情報や有害な情報が混在しているといった問題のほか、インターネットに没頭することにより過剰利用状態となり、心身ともに日常生活に支障をきたす状態、いわゆる「ネット依存」の危険性が問題視されています。

 そんな中、横須賀市にある独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターでは、全国に先駆けて2011年7月よりネット依存治療研究部門(TIAR)を開設し治療を開始しました。

※詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

神奈川県

このページの所管所属は 精神保健福祉センター です。