デング熱に気をつけましょう!

掲載日:2016年7月29日

平成27年度  平成26年度

施設管理者向け防蚊対策研修会を開催しました!

平成28年度のデング熱について

 

感染経路

 デング熱とは、デングウイルスによって起こる急性熱性感染症で、このウイルスを保有する蚊に刺されることで感染します。そのため、ヒトからヒトへは直接感染しません。主たる媒介蚊はネッタイシマカ(日本には常在していません)ですが、日本のほとんどの地域でみられるヒトスジシマカも媒介します。

 デング熱はアジア、中東、アフリカ、中南米、オセアニア地域で患者が報告されています。

 日本では、仮に流行地で感染した発症期の人(日本人帰国者ないしは外国人旅行者)が国内で蚊に刺され、その蚊がたまたま他者を吸血した場合に、感染する可能性は低いながらもあり得ます。ただし、仮にそのようなことが起きたとしても、その蚊は冬を越えて生息できず、また、卵を介してウイルスが次世代の蚊に伝わることも報告されたことがないため、限定された場所での一過性の感染と考えられます。

症状

 3から7日(最大2から14日)の潜伏期間の後に、急激な発熱で発症し、発熱、発疹、頭痛、骨関節痛、嘔気・嘔吐などの症状がみられます。通常、発病後2から7日で解熱しそのまま治癒します。発疹は解熱時期にでることが多く点状出血、島状に白く抜ける麻しん様紅班などです。ごくまれに一部の患者は、経過中に出血傾向やショック症状を起こすことがあります。

  ヒトがデングウイルスに感染しても、不顕性(症状が現れない)となる頻度は、報告書により異なりますが50から80%です。

治療法は?

 デングウイルスに対する特有の薬はありませんので、対症療法となります。デング熱に罹っていて、アスピリンの成分を含む薬を服用すると、出血傾向などの副作用を助長するので、自己判断せず医療機関に御相談ください。

予防策は?

 デング熱に有効なワクチンはありません。

 予防には、蚊に刺されないような対策を心がけましょう。

【主な予防策】

(1)屋外で活動する場合には長袖、長ズボンを着用するなど、肌の露出を少なくする。裸足でのサンダル履きをさける。

(2)虫除けスプレーなどを使用する。

(3)雨水が溜まった容器が放置してあれば、幼虫が発生しないよう1週間に1度は逆さにして水をなくす。

ヒトスジシマカ

ヒトスジシマカ(国立感染症研究所昆虫医科学部提供)                                                        平成28年6月号かながわ県のたより「ジカ熱」のコーナーで使用しているヒトスジシマカの写真についても、国立感染症研究所昆虫医科学部提供のものです。

厚生労働省啓発ポスター( デング熱用心編 ・ デング熱発生源編 

蚊生息調査はこちら

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 健康危機管理課 です。