環境保全型農業技術研修会

掲載日:2016年3月1日

環境保全型農業技術研修会のお知らせ

 神奈川県では、環境保全型農業(有機農業を含む)の推進に取り組んでいます。
 環境保全型農業の技術の向上と、一般の方に広く知っていただくため、農業者や関係職員、県民のみなさんを対象に、「環境保全型農業技術研修会」を開催し、有識者の講演や事例発表を行っています。

過年度の開催状況

平成27年度

開催日時:平成28年2月26日金曜日 午後2時から4時30分 (開場 午後1時時30分)

開催場所:JAグループ神奈川ビル 2階講堂 
       横浜市中区海岸通1-2-2
       最寄り駅:みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩2分
              JR「関内駅」より徒歩11分
              市営地下鉄「関内駅」より徒歩10分

講演 「害虫防除にもっと天敵活用~天敵利用のいろいろなカタチ~」
        千葉県立農業大学校 大井田 寛氏

事例発表1 天敵等の利用事例(施設栽培)
        平塚市農業者 横田 敬一氏

事例発表2 天敵等の利用事例(露地栽培)
        アリスタライフサイエンス株式会社 

  平成27年度環境保全型農業技術研修会チラシ [PDFファイル/118KB]

平成26年度

開催日時:平成27年3月6日金曜日 

開催場所:JAグループ神奈川ビル 2階講堂 

事例発表 「有機農業への挑戦 ~おいしい野菜を作りたい~」
  愛川町 有機農業者 千葉 康伸氏

事例発表 「鈴廣かまぼこの海と大地をつなぐ資源循環モデル」
  株式会社 小田原鈴廣 小川 典江氏

当日の様子はコチラ

平成25年度

開催日時:平成26年3月7日金曜日

開催場所:神奈川中小企業センタービル14階

講演「アレロパシー(他感作用)を用いた環境保全型農業について」
 東京農工大学大学院 農学研究院教授 藤井義晴氏

事例発表「ヘアリーベッチ植栽による有機農業(水稲・大豆)について」
 ヘアリーベッチ利用農法研究会会長 田中龍生氏

事例発表「三浦半島地域におけるヘアリーベッチ・ライ麦等を活用した新規カバークロップの導入について」
 神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所 石森裕康氏

当日の様子はコチラ

平成24年度

開催日時:平成25年2月5日火曜日

開催場所:産業貿易センター720会議室

講演「有機物を利用した土壌病害対策について」
 千葉大学大学院 園芸学研究科教授 雨宮良幹氏

事例発表「地域の有機物などを活用し持続型農業を目指した取組」
 よしみ農園 吉見敦司氏

事例発表「30年にわたる有機農業の取組」
 相原農場 相原成行氏

平成23年度

開催日時:平成23年5月17日火曜日

開催場所:横浜市開港記念会館2階 6号室

講演「環境保全型農業の高度化と地域における有機農業のひろがり」
 茨城大学 農学部教授 中島紀一氏

事例発表「化学肥料・化学合成農薬の使用を5割以上低減し、緑肥を導入している事例」
 長井有機農法研究会 鈴木浩之氏

事例発表「果樹の有機農業での草生栽培の事例」
 小田原有機農法研究会 石綿敏久氏

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 農政部 担い手支援課(平成27年度旧所属名) です。