神奈川県における6次産業化の推進

掲載日:2017年8月8日

神奈川県では、農林漁業者の経営の安定化及び地産地消の推進を図るため、6次産業化を推進しています。

6次産業化とは

1次産業者である農林漁業者が、加工等の2次産業、流通・販売といった3次産業と一体化もしくは連携して、自らが生産する農林水産物の付加価値を高める取組みのこと。

農林水産省 農山漁村の6次産業化のページ(外部サイト)

神奈川県6次産業化推進計画

農林水産業の6次産業化への取組支援の方針や成果目標などを定めた「神奈川県6次産業化推進計画」を策定しました。今後、本計画に基づき、本県の6次産業化を推進していきます。(計画本体はこちら) [PDFファイル/384KB]

神奈川県の6次産業化サポートセンター

県では、県内の6次産業化を推進する支援拠点として「サポートセンター」を設置し、関係機関及び団体との連携のもと、神奈川県の実情に適した6次産業化を推進していきます。

神奈川県の6次産業化推進支援体制 [PDFファイル/39KB]

農林漁業者の皆様の6次産業化の取組みを総合的にサポートするところが、「サポートセンター」です。「新たに加工・販売に取り組みたい」「6次産業化に興味はあるけれど、どうしたらよいかわからない」「販路拡大に取り組みたい」など、6次産業化に関する様々なご相談に、専門家(プランナー)がサポートしますので、お気軽にご相談ください。

神奈川県6次産業化サポートセンター(株式会社コンサラート)(外部サイト)

*平成29年度については平成30年3月31日までの運営となります。(平成29年5月22日より運営が始まりました。)

総合化事業計画

6次産業化の取組についての計画で、「自分の生産物を活用して、どのようなものを開発し、どのように販売し、どのくらいの売上を上げるのか」について記したもの。国が「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」により認定します。

県内の認定事業者一覧 [PDFファイル/161KB]

全国の認定事業者一覧(外部サイト)

6次産業化ネットワーク活動交付金

多様な事業者がネットワークを構築して取り組む新商品開発や販路開拓、農林水産物の加工・流通・販売のために必要な施設(例えば、集出荷施設、加工施設、地域食材提供施設などの、機械や建物の整備等を支援します。申請時期等詳細については、農政課までお問い合わせください。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 農政部 農政課 です。