図鑑 ヤマトイワナ

掲載日:2017年8月1日

ヤマトイワナ Salvelinus leucomaenis japonicus  

レッドリスト 県カテゴリ:絶滅危惧1A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種) 国カテゴリ:準絶滅危惧種(NT)

サケ目サケ科

ヤマトイワナ
分布 本州中部地方の太平洋側。昔から丹沢周辺域の渓流では放流が行われ、現在では、相模川、金目川の上流域に広く分布します。
形態 体長 25 cm、他のイワナ類のように体側の白い斑紋はあまり目立たず、体側下部は小さなオレンジ色の斑紋が目立ちます
生態 水温の低い河川上流域に生息し、水生昆虫や甲殻類、魚類などを捕食しています。
備考 過去の文献から、相模川水系での確実な分布は山梨県の道志川上流などで、酒匂川水系には本来は分布しないとする説もあります。
在来の個体群もしくはその遺伝子を残した系統群は、ヤマトイワナと推定されていますが、その水域は極めて限定され、相模川、酒匂川の渓流域に数箇所存在するだけです。


ヤマトイワナ 木曽川 木曽川にて 臼田氏撮影
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019