メダカ

掲載日:2017年8月1日

メダカ Oryzias latipes  

レッドリスト 県カテゴリ:絶滅危惧1A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種) 国カテゴリ:絶滅危惧2類
ダツ目メダカ科

エサをさがすメダカ試験場のメダカです

分布 自然分布は北海道を除く日本各地で、朝鮮半島や中国大陸にも生息しています。
形態 全長4cmと小さく、上あごよりも下あごが長いおちょぼ口をしています。
生態 平地の池や水田、用水路等に生息し、日中は水面付近を群れで泳ぎます。雑食性で4cm程度になります。
備考 神奈川県下では、過去に各地に生息していましたが、現在の確実な生息地は極めて限定されています。横浜市内や相模川等でも見られますが、これは人為的に放流された可能性が高いと思われます。メダカは、その生息地域により遺伝子レベルでの差異が生じており、放流する場合は、その系統について十分配慮する必要があります。
神戸川、境川、引地川、相模川および酒匂川の各水系から採集されたメダカを分析したところ、酒匂川水系のメダカは過去と現在の遺伝子組成にほとんど変化がないことが判明しまし)。そのため、この地域は現在も在来メダカが生き続けていることが証明されている。
県教育センタ-や内水面試験場では、系統別にメダカを保存しています。
 メダカは最近の研究で、外部形態や遺伝子組成の違いにより、4つの大きな集団に分けられています。さらにそれぞれの集団の中でも、細かくいくつかの小集団が存在する。つまり、メダカは種としては1つでも、地域によって違う遺伝子を持った地域個体群が分布することになります。現在、一部の市町村や市民等が行っている系統を無視した無秩序な放流は、こうした異なる地域のメダカを混ぜ合わせ、地域個体群を台無しにしてしまいます。メダカを増やそうとする善意が、かえって貴重な在来メダカの生息地を破壊してしまうのことになります。 その一方で、最近は地域個体群を考慮したメダカの保護活動も見受けられます。藤沢市や横浜市、鎌倉市等では、行政や研究者、市民等が協力して、地域ぐるみの取り組みを行い、各地の在来メダカを保護しています。しかしながら、これらの地域のメダカは、小学校の水槽やビオトープ等でほそぼそと生き残っているだけで、自然生息地は既に消滅しています。
 この厳しい現状の中で、あの童謡「メダカの学校」の発祥の地である、小田原市内の生息地が奇跡的に残っていました。この生息地は、神奈川県最後の自然生息地と言う生物的価値と、童謡「めだかの学校」の発祥地と言う文化的価値の両面を併せ持っているので、全国的な視野で見ても、有数の貴重な生息地と言えます。この生息地を守り、次世代へと引き継いで行くために、総合的な保全対策を推進する必要がります。

メダカの画像です

メス 雌  オス 雄 メダカの雄と雌の見分け方
尻びれの形に注目!
めす卵 卵  この卵を、水草などにくっつけます
群れ
仔魚  仔魚
  
ふ化したばかりの稚魚
小川 田んぼと有機的につながっている小川にメダカはすんでいます。

ふ化観察記録

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019