図鑑 ミナミテナガエビ

掲載日:2017年8月1日

ミナミテナガエビ Macrobracbium formosense

エビ目テガガエビ科

ミナミテナガエビ

分布 神奈川県から沖縄、台湾に分布しています。神奈川県は分布の北限にあたります。
形態 第二胸脚が長くのびており、体長10cmになります。
額角は真っ直ぐで、上側に10-11個の歯があります。
生態 河川の中・下流域で流れの緩やかな場所に生息します。
備考 本種は両側回遊型のエビで、神奈川県に定着しているのではなく、幼生の形で南の地域から流れ着き、河川に遡上したものが成長したのではないかと考えられます。

ミナミテナガエビとテナガエビの見分け方

 ミナミテナガエビ  テナガエビ
ミナミテナガエビ 第一胸脚 先端 毛が少ない テナガエビ 胸脚先端に毛がたくさん生えている
ミナミテナガエビ 額角 テナガエビ 小
 額角 小型個体は、毛が少ないので注意が必要
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019