図鑑 マハゼ 

掲載日:2017年8月1日

マハゼ Acanthogobius flavimanus

スズキ目ハゼ科
マハゼ

分布 北海道から種子島
形態 体側中央に暗色斑紋が並びます
背びれと尾びれの付け根に黒斑があります
全長25cmになる
生態 川の汽水域や内湾に生息し、ハゼ釣りの対象として人気が高い。
産卵期は東京では3-5月、内湾や汽水域の砂泥底に産卵孔をつくり卵を産みます。
初夏に、2cmぐらいの多数の稚魚が川を上り、最初の堰の下(相模川では寒川堰下)に集まります。
備考 デキハゼ(関東)


マハゼ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019