図鑑 ミナミトビハゼ

掲載日:2017年8月1日

ミナミトビハゼ Periophalmus argentiliineatus

スズキ目ハゼ科
ミナミトビハゼ 西表島浦内川
分布 奄美大島以南
形態 目が飛び出ており、水面から目だけを出して周りの様子を見ている様です。
生態 河口・マングローブ帯の泥底に住み、満潮になると水から逃れるように陸地へ移動します。
胸びれが良く発達し、胸びれを使ってはうようにして移動しますが、驚くと、尾びれで土や水面を蹴り、水切り石のように飛んでいきます。
備考 トントンミー沖縄地方

ミナミトビハゼ

頭
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019