図鑑 マツカサガイ

掲載日:2017年8月1日

マツカサガイ Inversidens japanensis

イシガイ目イシガイ科
マツカサガイ

分布 北海道から九州の各地に分布する日本固有種
形態 かく長6cmほどになる卵形でやや平たい二枚貝で殻は厚いのが特徴です。
小さいころは、黄褐色ですが、成長すると黒褐色になります。殻頂は欠けていることが多く、白く見えます。
名前の由来は、殻表のでこぼこが松笠(松ぼっくり)に似ていることからのようです。
グロキディウム幼生は鰓の中で育ち、近づいた魚類(ヨシノボリやタナゴ類等)にくっつき寄生生活をした後に、着底します。
生態 湧き水のある細流や用水路、湖等の砂泥地に生息し、水の汚れや高水温に弱い。
備考 マツカサガイは、ミヤコタナゴの産卵に好んで利用されるため貴重ですが、近年数が大幅に減少しています。
地方名:シジラガイ、チヂミガイ、タンケ

マツカサガイ マツカサガイ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019