図鑑 ブラウントラウト

掲載日:2017年8月1日

ブラウントラウト Salmo trutta

サケ目サケ科


犀川で採捕されたブラウントラウト  山形県 犀川で臼田氏撮影

分布 原産地は北部ヨーロッパ、現在は、北アメリカ、南アメリカニュージーランドへも移植されています。
日本へは、昭和初期にカワマスの卵に混ざって入ってきました。
形態 ニジマスに似ていますが、ニジマスのような紅いすじの模様はなく、黒い点と白く縁取られた赤い点があるのが特徴です
生態 冷たい水を好む魚食生の魚です
備考 芦ノ湖ではルアー・フライの対象種として人気があります。シューベルトの作曲した「マス」は、このブラウントラウトです
芦ノ湖で漁獲されたブラウントラト 皮膚の斑紋赤い斑紋
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019