図鑑 ヒナモロコ

掲載日:2017年8月1日

ヒナモロコ Aphyocypris chinensis  

レッドリスト 国カテゴリ:絶滅危惧1A類(CR)
コイ目コイ科
ヒナモロコ
分布 国外ではアジア大陸東部に広く生息しているが、国内では福岡市周辺のみに分布します。
形態 外部形態はカワバタモロコとよく似ていますが、体高が低いこと、腹側が竜骨状にならないこと、体色が淡褐色であることから識別できます。雄は雌より小型です。
生態 れの緩やかな河川のよどみや細流、用水路や池などに生息します。
雑食性、産卵期は5月から6月
備考 日本の生息地は消滅したと考えられていましたが、近年になって再発見され、保全が図られています。
本種の種苗生産技術は、ほぼ確立されていて、ふ化稚魚の餌としてアルテミア幼生で十分飼育できます。しかし、近縁のカワバタモロコはワムシを給餌しないと生残が悪く、ふ化稚魚の口のサイズは本種の方がカワバタモロコよりも大きいと考えられています。
神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター内水面試験場 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019